とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2020年4月10日

自然の恵みを飲んで健康になろう!!「牛乳」

放送日 2020年4月10日

新鮮情報   自然の恵みを飲んで健康になろう!!「牛乳」

 

お邪魔したのは高松市香南町の「赤松牧場」2020041002
ここには340頭の乳牛がいます。
成牛170頭、育生牛170頭が暮らす牛舎は
お乳を搾る牛と妊娠出産を控えた
牛や子牛に分かれています。

みんなとってもいい顔をしています。
ご飯を食べたり、横になったりしていますが
私が通ると顔を合わせてじっと見つめてくれます。

お乳の出る牛は、365日毎日お乳が出ます。
まず、朝お乳を搾ってからごはんを食べて、
おなかがいっぱいになったら横になります。
牛にとってはこの時間が大切。
4つの胃を通って消化が進みます。
そしてまたご飯を食べるを繰り返します。
こうしてお乳が再び作られ、
夕方からお乳を搾ります。

牛が幸せに暮らしていると、
お乳もおいしくなりそうです。
私たちが飲む牛乳は。2020041003
乳牛から搾ったままの生乳が
100%使用されています。
まさに自然の恵み!国産100%の飲み物です。

カルシウムやたんぱく質、
ビタミンなど栄養満点!!
体を作るのに欠かせないものが
バランスよく含まれています。
神様がくれた自然の栄養である「牛乳」
確かに、私たち人間も生まれたとき
飲むお母さんの母乳には
すごい力があることを知っています。
母乳を飲まなくなった私たちは、
しっかり牛乳を飲むことで健康が
保たれると言えるのかもしれませんね。

赤松省一さんは酪農を始めて50年以上。
ご自身が立ち上げ、このお仕事に誇りを持ち
意欲的に取り組まれてきました。2020041001
牧場を案内していただきましたが、
ここでは、すべてが循環しています。
牛はみんなここで生まれ、育つのです。
これは実は当たり前のことではありません。
そして、搾った生乳だけでなく、糞尿をたい肥にして
お米や野菜、果物を育てる資源にもなっています。

「私たちの生活を循環させる中心に、酪農がある」
赤松さんの言葉が胸にしっくりきました。

現在、香川県で酪農に携わる人は62戸。
1日当たり100トンほどの生乳が生産されています。
高齢化や後継者不足で減少している状況はありますが、
安全・安心なおいしい牛乳を届けてくれていることが
牧場を訪れたことではっきりわかりました。

ぜひ、みなさんたくさん牛乳を飲みましょう!!
この習慣を身に着けることで免疫力を高めて、
みんなで元気に健康で過ごしましょう!2020041004

 
ご出演:香川県酪農部会部会長 赤松省一さん

- ページの先頭へ戻る