とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2017年5月26日

宝石のようなツヤツヤの輝き「ミニトマト」

放送日 2017年5月26日

新鮮情報   宝石のようなツヤツヤの輝き「ミニトマト」

 


最近では色も形も味わいもたくさんある「ミニトマト」2017052601

でも、香川で育てられているのは、
昔からあるオーソドックスな
「千果(ちか)」という品種。

まんまるで、赤くてツヤツヤ、きらきらしています。
味わいは、皮をぷちっとかむと、
しっかりした果肉が甘てジューシー。

かわいらしい見た目でも
栄養はしっかり詰まっています。

生で食べるのはもちろんですが、
串に刺して天ぷらにするのもオススメ!!

熱を加えることでちょっと
とろっとした食感も楽しめるそうです。

ジャムにするときはお砂糖がいらないくらい
甘みもうまみもあります。

一口で食べられるのでお弁当の彩りにもGOOD!!

7月に植えて6月まで収穫が続きます。
一年中収穫できるということは、
実はずっと大変ということ。

1本が10m近くまで成長していく間、
脇芽や葉を取ったり、茎の成長の太さが
一定になるように管理したりと

注意深く見守って手間を
かけてあげなくてはなりません。

ミニトマトは、ハウスの中の温度を25℃ぐらいにして2017052602
たっぷりと日差しを浴びることで
赤くツヤツヤと輝くように成長します。

また、クロマルハナバチというハチが
ハウスの中を自由に飛び、

自然交配をしているのも
おいしいミニトマトを作るため。

たくさんの工夫によって
大切に育てられているからこそ、

おいしいミニトマトになるんですね!!

ハウスの中には1100本のミニトマトが植えられていますが、
びっしりとでもきれいに整列している様子は圧巻!!
ブドウのようにミニトマトが鈴なりになっていて、
茎に近い部分から順番に赤く色づいています。

お話を伺った荒野さんは、
ミニトマトを栽培して20年!!

今ではミニトマトの声が聞こえるくらい、
今何をしたらよいのか、どんな状態なのか
わかってきたということ。

私には声は聞こえませんでしたが、
ハウスの中のミニトマトが
なんだかうれしそうに感じました。

ぜひ、香川産のミニトマトを手に取って、
そのおいしさを存分に味わってください!!2017052603

 

ご出演:JA香川県ミニトマト部会部会長 荒野茂さん

 

 

- ページの先頭へ戻る

2017年5月19日

作らなきゃ損!!「JA香川県ポイントカード」

放送日 2017年5月19日

新鮮情報   作らなきゃ損!!「JA香川県ポイントカード」

 

丸亀市飯山町の「讃さん広場」2017051901
いつもオープンの9時から
たくさんの人でにぎわっています!!

今の時期は、生ニンニクやハチク、
豆類や甘夏、びわなど

続々と新鮮な果物や野菜が並んでいます。
普段はなかなかお目にかかれないようなものに
出会えるのも、
讃さん広場が人気の理由の1つです。

さて、そんな讃さん広場で何やらお得な情報がある!!
それは。。。

「JA香川県ポイントカード」
入会年会費はなんと無料!
200円(税抜き)で1ポイント貯まり、
1ポイントを1円として、1ポイントから使えます。
また、毎月3日13日23日の「讃さんデー」には
ポイントが3倍になるんです!!
他のカードなどと併用可能なのもうれしいです。2017051903

しかも、5月30日までに入会すると、
300ポイントの入会特典もあるので
まだポイントカードをお持ちでない方は
この機会にぜひ!!

(ちなみに、石橋は当日入会しました!!)

カードは現在で9000人近い方に
入会いただいているそうで、

持っているだけでお得なのがわかりますよね!!

カードに加えて、4月からは「対面販売」もスタート!
生産者さんが直接お客様と対話しながら販売をするので、
お互いの生の声を聞くことができます。
おススメの食べ方を聞いてみるのもよさそうですね。
5月は20日(土)に開催され、
今後は月2回程度行われる予定ということです。
何か販売されるかは当日のお楽しみ!!
ぜひチェックしてください!!

そして、讃さん広場には「食育ソムリエ」の2017051902
資格を持つスタッフさんがいます。

季節の食材の簡単な食べ方や、
今までにない使い方を提案してくれます。

いろいろなサービスが充実し、
ますます目が離せない「讃さん広場」

お買い物がさらに楽しくなりそうです!!

 

ご出演:讃さん広場副店長 松尾修さん
2017051904

 

- ページの先頭へ戻る

2017年5月12日

生でバリッと!!「綾川のハウスキュウリ」

放送日 2017年5月12日

新鮮情報   生でバリッと!!「綾川のハウスキュウリ」

 

お邪魔したハウスは綾川町羽床上にあります。2017051201
3つのハウスの中には
たくさんのおいしそうなキュウリ!!

青々としてみずみずしいのが見ただけで感じられます。

こちらでは、1年を通してキュウリを栽培しており、
毎年12tほど収穫されるということ。
1本100~150gなので10万本以上!!

2月の終わりごろに植え付けたハウスキュウリは
4月の初め頃に収穫がスタートします!!
45日ほどで収穫できるようになるそうです。

それまでには、
小枝や孫枝を丁寧にカットして
1つの苗を150㎝程度にきれいに成長させます。
ハウスのキュウリが生き生きしているのは、
毎日の手入れの賜物なんです。
愛情と手間を惜しまないことが
ポイントなんですね。

生産者の津村さんに伺うと、
今年は理想通りに育てることができ、
おいしいキュウリが続々と収穫されているそうです。

収穫が始まると1日で3㎝ほど成長するので2017051202
毎日、早朝と夕方の2回収穫を行うそうです。
1日2回の収穫。
口で言うのは簡単ですが、
実際に作業をされる生産者の方には頭が下がります。

おいしくできたキュウリは、
生でバリバリと丸かじりしたいですよね!!
わさび漬けや、冷やしキュウリ、
サラダの具としても最高!!

我が家でもキュウリは毎日のように
食卓に並ぶ万能野菜。

キュウリは水分も多いので、
これから暑くなってきたときの水分補給にもなります。
ぜひぜひたくさん食べてください!!

そして、今日の放送では、
JAの若手職員さんにもお話を伺いました。
熱い思いを持って生産者さんと一緒に
取り組む姿勢を感じました。

生産者の方との信頼関係も
重要なんだと実感しました!!2017051203

 

ご出演:
綾歌南部胡瓜部会部会長 津村政数さん
JA香川県綾坂地区営農センター園芸課 平田昴己さん 榊原由知さん

 

- ページの先頭へ戻る