とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2020年11月13日

香川が誇る「キウイ」のおいしさ味わって!

放送日 2020年11月13日

新鮮情報   香川が誇る「キウイ」のおいしさ味わって!

 

香川県には全国に誇れる
味自慢のフルーツがたくさんあります。

その中でもこの時期に旬を迎えるのが
香川のオリジナル品種「さぬき讃フルーツ」に
5品種も登録されている「キウイ」です!!

フルーツはもぎたて新鮮がおいしいと言われますが、
キウイはまだまだ固い実のうちに収穫をします。
冷蔵庫で眠らせておいて、
出荷するときに追熟することで

おいしさのピークを迎えるようになっています。

お話を伺った天雲さんは、
今年の夏、部会長に就任されたばかり。
お父様の代からキウイを育てていますが、
天雲さんが受け継いでまだ3年目。
思い通りにいかないながらも、
おいしいキウイを届けるために
日々愛情込めて育てています。

さて、キウイはどのように成長するかご存じですか?
キウイは木を1m80㎝ぐらいの高さで
ブドウの棚のように枝を這わせて
ブドウの房のようにキウイが
垂れ下がるように実を付けます。

出荷できる実をつけるようになるまで
3~5年はかかります。

5月ごろの花が咲く時期には、
何日も広い園地を回って受粉の作業が続きます。
実をつけると今度は1つ1つ袋がけをしていきます。
手間がかかる作業ですが、こうすることで
日焼けしたり傷や虫がつかないように
キウイを守っています。

10月頃からの収穫がひと段落すると、
次の年に備えて1月には剪定をします。
これがとても目利きのいる
重要な作業だということです。

そのため部会で集まって
講習などをして技術を伝えます。

このように、たくさんの愛情を注がれることで
おいしく育った「キウイ」!!
善通寺地区では、主に3種類のキウイが出荷されています。

まず9月の終わりに収穫が始まるのが
「さぬきゴールド」
名前の通り果肉はゴールド!!
丸みを帯びたボディは大きく成長し
300gを超えるものもあるほど。
味わいはさわやかな甘さで酸味がなく
果肉も柔らかくジューシーです。

10月初旬に収穫が始まるのが
「さぬきエンジェルスイート」

丸みのある形の実を切った断面には、
エンジェルの名前のとおり天使の赤い輪が見えます。
黄緑色の果肉に赤が映えます。
糖度がとても高く、上品でコクのある甘さです。

そして11月に入って収穫されるのが「香緑(こうりょく)」
最初にオリジナル品種に認定された品種です。
これぞキウイという見た目の俵型と濃い緑色の果肉。
味わってみると、甘さの中にある
酸味が心地よく感じられます。

バランスが取れた王道のキウイです。

キウイは本来出回る時期が少しづつ違うので
なかなか並べて食べ比べることはできませんが、
それぞれに味わいが違います。
ぜひ「キウイ」を食べるときには
その品種にも注目してみてください!!

お店でキウイを買ったときは、
食べる前にその硬さを一度チェックしましょう。

少し柔らかさを感じるぐらいが食べ頃です。
固いなと感じたら、ポリ袋にリンゴと
一緒に入れてしばらく待ちましょう。

リンゴがキウイを柔らかくし、
おいしさもググっと引き出してくれますよ。


ご出演:善通寺キウイフルーツ部会部会長 天雲一壽さん

 

- ページの先頭へ戻る