とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2020年9月25日

秋の訪れ感じます「太秋柿(たいしゅうがき)」

放送日 2020年9月25日

新鮮情報   秋の訪れ感じます「太秋柿(たいしゅうがき)」

 

秋を代表する果物の1つ「柿」
秋の到来を感じさせながら早生の品種から始まって
冬本番まで食卓を彩ってくれます。

柿と言えば鮮やかなオレンジや
こっくりとした橙色ですが、

この時期旬を迎える「太秋柿」は、
青い(緑)色をしています。

最近は知っている人も多くなってきましたが、
知らない人はもちろん知っていても
一瞬躊躇してしまうほど熟れた色をしていません。

一度食べてみるまでは、もし見かけても
手に取ることはないかもしれません。

でも、一度食べるとファンになってしまう方が
続出のおいしさなんです!!

見た目の緑色に加えてインパクトがあるのが、大きさ!!
迫力ボディは、普通の柿の1.5~2倍はあります。
重さも主流のサイズで300~500g食べ応え抜群です。
食感は、シャキシャキ、サクサクとしていて軽やか
噛んでいくとさっぱりとした甘さの果汁が出てきます。

今年は夏の雨が少なかった影響で、
サイズは小ぶりのものが多いようですが

その分、甘さは凝縮されて味わい深くなっています。
私も試食させていただきましたが、
今年の出来は間違いなし!!
甘さも十分、食感も最高です!

お話を伺った由良さんは、
お父様から引き継いで柿を育て始めて5年目。
それまでは全く別の職業だったので
最初は戸惑いばかりだったそうです。

それでも、同じ柿を育てる仲間に助けられながら、
少しづつ柿のことが
わかるようになってきているとのこと。

悩みを打ち明けられる仲間という存在がいることが
おいしい柿を作ることにもつながっているのを感じました。

綾川町千疋の昭和選果場では、
集荷した柿を大きさや重さごとに選別していきます。
細かい傷などは人の目を通して確認しています。
ここでは、直売所も設けられています。
柿のシーズン中は午前9時から午後2時までオープンしていますが、
なくなり次第終了となります。
「太秋柿」は10月上旬ごろまであるようです。
袋詰めのものは7個入りで500円!!
かなりお得です!!
お客様もご存じのようで、
何袋かまとめて購入される方が多くいらっしゃいました。

まだ味わったことがないよという方、
見かけたらチャンスです!!
ぜひ手に入れて食べてみてください!!
そしてファンになってそのおいしさを
広めていきましょう!!

 

ご出演:綾歌南部柿部会部会員 由良泰博さん
綾歌南部集荷場 木下星夜さん

 

- ページの先頭へ戻る