とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2020年6月12日

初夏の味!!「びわ」の季節がやってました!

放送日 2020年6月12日

新鮮情報   初夏の味!!「びわ」の季節がやってました!

 

初夏といっても、梅雨の雨上がりは2020061201
ムシムシした空気に包まれて

さわやかな気持ちで過ごせなかったりしますね。

そんな中でも私たちに幸せを
届けてくれるのが「びわ」です。

毎年この季節だけの味わいを
楽しみにしている方も多いと思います。

今年は例年以上に温かい天候が続いたため、
少し早い5月11日から出荷が始まりました。

「びわ」は収穫の時期がとても短く、
3~4日のうちに収穫しなければなりません。
そこで品種のリレーをしながら
40日間ほど収穫を行います。

「長崎早生」から始まり、
さぬき讃フルーツにも
認定されている「なつたより」、

古くから栽培されている「茂木(もぎ)」、
そして現在収穫のピークを
迎えている「陽玉(ようぎょく)」、

最後に大玉で丸型の「田中」と続きます。

今が最盛期の「陽玉」はびわの中でも扱いが難しく、
県では高松地区だけ、全国でも
育てているところは少ないそうです。

特徴としては、大玉で果汁が多いことや
甘みと酸味のバランスが抜群であること、
爽やかな香りであることが挙げられます。

試食させていただいたのは、2020061202
「陽玉」の中でも大きい6Lサイズ!!
見た瞬間、これが本当にびわなのか!!と
思うくらいです。

掌に載せるとずっしりとした重みを感じます。
一口頬張ると、果汁があふれ出しできます。
果肉はきれいな橙色で分厚く食べ応えもあります。
こんなに大きいのに味はしっかりしていて、
さっぱりとした甘さと心地よい酸味です。

今年の出来栄えは上々だということですから、
これからスーパーなどで見かけたら
迷わず手に取ってください。
その際に、品種のことも少し意識してみてください。
お好みの味わいを持った「びわ」に
出会えるかもしれませんよ。

おいしい香川の「びわ」をたくさん食べて、
幸せな気持ちで初夏の一日を過ごして下さい!!

 

ご出演・ご協力:高松市西部地域びわ部会部会長
香川県果樹研究同志会びわ部会部会長
全国果樹研究連合びわ部会部会長 湯谷芳章さん
高松市西部かんきつ共撰場所長 北谷政裕さん
2020061203

- ページの先頭へ戻る