とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2017年9月22日

薬味だけじゃもったいない!!「さぬきの青ねぎ」

放送日 2017年9月22日

新鮮情報   薬味だけじゃもったいない!!「さぬきの青ねぎ」

 

香川県といえば「うどん」2017092201
うどんを食べる際に欠かせない「青ねぎ」
さぬき市では「さぬきの青ねぎ」を
昭和63年から作っています。

今では、60人ほどの生産者さんが
1年を通して、おいしい
「さぬきの青ねぎ」を出荷していて、

20代から89歳までの幅広い年代の方が
活躍されています。

青ねぎは苗を植えて2ヶ月ほどで収穫できますが、
雨や風など自然の影響を受けやすく、
デリケートな野菜とも言えます。
収穫してからも、根についた土を洗い、
余分な葉を取って
同じ太さの物を
そろえるなど細かい作業が続きます。

そうやって大切に育てたからこそ、
もっとたくさん食べてほしい!!

近くで匂いをかぐと青々として今すぐ刻んで
うどんと一緒に食べたくなるような香りがしっかり!!
その存在感は薬味として使うだけではもったいない!!
薬味としてのイメージが強い方も多いのですが
実は何に入れてもよく合う、万能野菜です。

ねぎ焼きやチヂミ、サラダはもちろん、2017092202
お揚げの中に入れて煮物にしたり、
お肉を巻いてもおいしいです!!
卵焼きの具にすれば黄色と緑で彩りも抜群!
白ねぎの代わりにお鍋に入れてもよいですね。

栄養面でも、アリシンやビタミンが豊富で
風邪予防や、血液サラサラ効果も
期待できるといわれています。

たくさん食べたい野菜です!!

JA香川県の野菜や果物の中で販売高が4位と
大川北部集荷場だけでも
2億近い売り上げがあるそうです。

それだけ「うどん県」としての消費も多く、
また京阪神でも「さぬきの青ねぎ」が
大活躍しているからなんです。

みなさん、「さぬきの青ねぎ」たっぷり食べて下さい!

ご出演:青ねぎ部会部会長 大須賀 正利さん

2017092203

 

- ページの先頭へ戻る