とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2017年5月26日

宝石のようなツヤツヤの輝き「ミニトマト」

放送日 2017年5月26日

新鮮情報   宝石のようなツヤツヤの輝き「ミニトマト」

 


最近では色も形も味わいもたくさんある「ミニトマト」2017052601

でも、香川で育てられているのは、
昔からあるオーソドックスな
「千果(ちか)」という品種。

まんまるで、赤くてツヤツヤ、きらきらしています。
味わいは、皮をぷちっとかむと、
しっかりした果肉が甘てジューシー。

かわいらしい見た目でも
栄養はしっかり詰まっています。

生で食べるのはもちろんですが、
串に刺して天ぷらにするのもオススメ!!

熱を加えることでちょっと
とろっとした食感も楽しめるそうです。

ジャムにするときはお砂糖がいらないくらい
甘みもうまみもあります。

一口で食べられるのでお弁当の彩りにもGOOD!!

7月に植えて6月まで収穫が続きます。
一年中収穫できるということは、
実はずっと大変ということ。

1本が10m近くまで成長していく間、
脇芽や葉を取ったり、茎の成長の太さが
一定になるように管理したりと

注意深く見守って手間を
かけてあげなくてはなりません。

ミニトマトは、ハウスの中の温度を25℃ぐらいにして2017052602
たっぷりと日差しを浴びることで
赤くツヤツヤと輝くように成長します。

また、クロマルハナバチというハチが
ハウスの中を自由に飛び、

自然交配をしているのも
おいしいミニトマトを作るため。

たくさんの工夫によって
大切に育てられているからこそ、

おいしいミニトマトになるんですね!!

ハウスの中には1100本のミニトマトが植えられていますが、
びっしりとでもきれいに整列している様子は圧巻!!
ブドウのようにミニトマトが鈴なりになっていて、
茎に近い部分から順番に赤く色づいています。

お話を伺った荒野さんは、
ミニトマトを栽培して20年!!

今ではミニトマトの声が聞こえるくらい、
今何をしたらよいのか、どんな状態なのか
わかってきたということ。

私には声は聞こえませんでしたが、
ハウスの中のミニトマトが
なんだかうれしそうに感じました。

ぜひ、香川産のミニトマトを手に取って、
そのおいしさを存分に味わってください!!2017052603

 

ご出演:JA香川県ミニトマト部会部会長 荒野茂さん

 

 

- ページの先頭へ戻る