とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2019年10月11日

来年の「おいでまい」のカギを握る六郷の採種圃場!!

放送日 2019年10月11日

新鮮情報   来年の「おいでまい」のカギを握る六郷の採種圃場!!

 

丸亀市金倉町にある、六郷の採種圃場では2019101101
香川県のオリジナル米「おいでまい」の
種を取るための刈り取り作業が始まっています。

おいでまいは平成25年度に本格デビューして、
「米の食味ランキング」で過去には特Aを獲得するほど
とってもおいしいお米です。
ふっくらときれいに炊き上がるところや
透明感があって艶々と一粒一粒が輝いていることろ、
冷めてもおいしいところなど
数え上げればきりがないくらい、

たくさんのおいしさポイントがあります。
じっくり噛みしめて味わうと、
甘みが感じられて幸せな気持ちになります。

おいしい「おいでまい」をたくさんの人に
食べてほしいという強い思いで

生産者の皆さんは徹底した品質管理をしながら
生産されています。

その元となる、種や苗はどこからきているのかというと
この六郷をはじめ県内に数か所ある採種圃場です。
数か所に分かれているのは、天候や病気などによって
種の確保が難しい状況にならないよう、
危険を分散させているそうです。

また、食べるためではなく種子生産のために育てるのは
私たちが思っている以上に難しいことです。
発芽率が良い、充実が良い、病害虫に侵されていない
というのはもちろん、
定期的に行われる検査員による2019101102
厳しい審査に合格しなければ

最後まで育てることもできないそうです。
そのため、作業記録や確認作業など
日々の苦労は絶えません。

だからこそ、刈り取りを迎える10月になると、毎年
わくわくしてくるということです。

今年の出来は、前半に雨の影響を受けましたが、
その後、晴天に恵まれ盛り返してきているようです。
来年のおいでまいの出来を左右する六郷の採種圃場は
たわわに実った稲穂がさらさらと風に揺れて
おいしくできた合図をしてくれているようでした。

また、おいしいお米をおいしくいただくには
お米を炊く時の私たちの水加減が重要です。
新米には15%ほどの水分が含まれているので、
少なめの水分量で炊くのは知られていることですが、
自分好みに炊けるようになるのがポイント。
たった1mm水加減が変わっただけで、
炊き上がりが変わります。

お米を買ってきたら、水分量を気にしながら水加減を調整して
自分が一番おいしいと感じる水加減を発見してください。
今まで以上においしく食べることができますよ!!

今年の「おいでまい」は今まさに収穫されているところ。
皆さんのお手元に届くのは、11月の初めになりそうです。
香川県オリジナル米「おいでまい」のおいしさを
じっくりたっぷり味わってください!!

2019101103

ご出演:農事組合法人六郷代表 松浦正武さん

 

- ページの先頭へ戻る