とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2019年10月18日

小豆島特産のオリーブは今年も抜群です!!

放送日 2019年10月18日

新鮮情報   小豆島特産のオリーブは今年も抜群です!!

 

JA香川県池田集荷場では、2019101801
今年も9月23日から
「新漬けオリーブ」と「青果油用オリーブ」の
出荷が始まっています。

今年の出来を伺うと、
台風の影響で果実の落下や
傷がみられるものもありますが

生産者の皆さんの丁寧な栽培管理によって
品質としては申し分ない
大きな実に成長しています。

小豆島で生産しているオリーブは4種類。
早い時期から収穫が始まる、
先が尖っている「ネバディロブランコ」と
大きく丸い形の「マンザニロ」、
後から出てくる、尖った形の「ミッション」と
小ぶりの「ルッカ」があります。

「小豆島果樹部会オリーブ班」に所属している
180名近い年齢層も幅広い生産者さんが、
毎年出荷時期になると出荷説明会を開き、
品質が統一されるように確認作業を怠りません。
お互いの情報や知識を共有することで
オリーブの品質が保たれ続けているんですね。2019101802

新漬けのオリーブに使われるのは、
「マンザニロ」と「ミッション」です。
新漬け用の果実は、傷がつかないように
一つ一つ手で収穫していきます。

オリーブの木には鈴なりに実がついていますが、
掌でやさしく包み込むように、そして
そして、オリーブ同士が触れ合うことで、
細かい傷がついてしまわないように
注意して収穫するそうです。

大きさも14㎜を超えているかなど厳しい選別が行われます。
これだけの思いを込めて作られているからこそ、
素晴らしいオリーブができるのだと
改めて感じることができました。

新漬けは少しづつ知られるようになっていますが、
まだ味わったことがない方もいらっしゃいます。
ぜひ、オリーブそのものを味わってみてください。

また、オリーブオイルを普段のお料理に使うという
ご家庭も増えていることと思います。2019101803
最近ではアイスにかけて食べたり、
美容目的で使ったりと使い方の幅も広がってきています。

需要が増えていることを受けて、
今までは赤紫から黒くなった果実を収穫していましたが
平成29年から青い果実の出荷ができるように規格を増やし、
より多くのオリーブが確保できるようになっています。

スーパーやJA香川県小豆ふれあい産直市では、
生産者さんが作った自家製の新漬けオリーブや
オリーブオイルが並んでいます。
生産者さんそれぞれの味が出るので
味わい比べをしてみるのも面白いかもしれません。

ぜひ、この機会に小豆島を
めぐってみてはいかがでしょうか?

そしてこの季節のオリーブのある風景と
おいしいオリーブに出会ってください!!

 

ご出演:JA香川県小豆地区営農センター農産園芸課 山本祐哉さん
小豆島オリーブ部会部会長 畑口欣哉さん
ご協力:小豆島オリーブ部会 松江寿美雄さん
2019101804

 

- ページの先頭へ戻る