とれたて新鮮JA香川県です

提供 JA香川県

毎週金曜日 午前9時15分~生放送

2020年11月27日

香川のお正月を彩ります!!「金時にんじん」

放送日 2020年11月27日

新鮮情報   香川のお正月を彩ります!!「金時にんじん」

 

江戸時代に中国から伝わったとされる「金時にんじん」
すらっと長く先が尖っている姿をみると
こちらもシャキッと背筋が伸びます。
旬は11月~2月頃で、これから最盛期に向かいます。
香川のお正月には欠かせない存在です。
お雑煮やお節料理に華やかな存在感を放ちますよね。

今年の出来について伺うと、
台風やゲリラ豪雨などの影響がなかったので
とっても良い出来だということです。
葉の緑も濃く、赤色も鮮やかで生き生きしています。
既に出回っているものを食べた方から、
「今年のは甘いね。おいしいね」
という声が届いているそうです。

その声は生産者さんにとって元気が出る言葉ですね。

ただ、何の問題もなく育ったわけではありません。
7月下旬に播種を行う時期には
気温が高いことが心配されましたし、
そこから9月下旬ごろまで続いた猛暑の間は、
1日に4回程度水やりをしなければなりません。
これは大変な作業です。

お邪魔した場所は坂出市の岡浜地区。
ここには18ヘクタールの広い土地に
「金時にんじん」が育っています。
元々この土地は塩田として
使われていたそうです。

そこに水はけのよい砂地を作り、
「金時にんじん」を育て始めました。
ここでは、スプリンクラーで
水やりを管理するなど、

作業の負担を軽減できる
取り組みも行われています。

砂地で畝を35センチ程度の高さに作ることで
柔らかい土の中をまっすぐに
すくすくと育っていくそうです。

その長さは40センチ程度になるそうです。
「金時にんじん」の収穫は折れないように
1本ずつ手で抜き取ります。

収穫前に水をやって土を柔らかくします。
何本か抜かせていただきましたが、
ぐっと力を入れると片手でも
スポッと抜くことができました。

ただ中腰での作業になるので、
これを50メートル続く畝の先まで
続けると思うと重労働だと感じました。

このようにして私たちの
手元へと届けられる「金時にんじん」

おすすめの食べ方を聞いてみると、
答えは「ジュース」!!
ミカンと一緒に生ままミキサーにかけるだけ!!
甘みをしっかり味わえ、栄養たっぷりです。

お雑煮やお節料理だけでなく、
煮崩れしにくい特徴を生かして
鍋に入れたり煮物にしたり
様々なシーンで食べてください!!


ご出演:そさい統合部会役員 小原克啓さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年11月20日

愛を伝える甘い香り「ストック」

放送日 2020年11月20日

新鮮情報   愛を伝える甘い香り「ストック」

 

中央地区花卉部会では17名の生産者さんが
「ストック」を栽培されています。
「ストック」は英語で幹や茎という意味です。
アブラナ科のお花で、
菜の花の花1つ1つを大きくしたように咲き、
花びらも八重で豪華です。

花の色は淡い優しい色合いのものが多く、
ピンクや黄色、オレンジ、紫、白と
花束にするときにどんな花とも相性が良いようです。

今年は猛暑で例年よりも
厳しい状況の中ではありましたが、

例年に負けず劣らずのきれいな花をつけています。
「ストック」は7月下旬に種を撒きはじめ、
そこから4カ月ほどたった頃に収穫が始まります。
種をまく時期をずらすことで、成長段階に差をつけ
出荷は5月上旬まで続くということです。

花が咲き始めるとハウスの中は、
濃い甘い香りに包まれます。

この香りに、それまでの
大変な作業を忘れるくらい

幸せな気持ちになっていくそうです。

「ストック」の魅力は香りや
花の色だけではありません。

花が咲き始めて満開まで1カ月ほどあります。
花を長く楽しめるので
おうちの玄関に飾ってもよいですし、

プレゼントとして送るのにも最適です。
寒さにも強いので、ハウスの中では
冬でも元気に成長してくれます。

ハウスを見せてくださった渡辺さんは80歳!!
18歳のころからお花を育てていらっしゃいます。
始めは「カーネーション」を育てていましたが、
10年ほど前からは「ストック」に切り替えました。
花を育てるのはベテラン中のベテランです。

奥様と2人で出荷までの作業を行います。
70㎝ほどにまっすぐ育った茎を切り、
花のある部分以外は葉を落とします。
50本にまとめられた花は
それだけで素敵な花束見えます。

出荷の準備作業をしている部屋は、
ハウス以上に甘い香りに包まれています。

中央地区花卉部会の皆さんはチームワークもよく、
渡辺さんや部会長の藤本さんを中心に
新しく花を育て始める方もいらっしゃいます。
様々なことを教えてもらいながら、
出荷の日を迎えるまでは大変ですが
笑顔を忘れず取り組んでいらっしゃいます。
花を育てる方は皆さん優しい愛情が
溢れているのを感じました。

愛情を込めて育てられた花は、
贈る人の愛情も伝えてくれると思います。
もうすぐ11月22日、いい夫婦の日です。
「ストック」の花言葉は愛の絆!!
お花を贈ってみてはいかがでしょう?


ご出演・ご協力:中央地区花卉部会 部会長 藤本さゆりさん

副部会長 阿河佐代子さん
渡辺美千夫さん
JA香川県香川集荷場 植村愛さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年11月13日

香川が誇る「キウイ」のおいしさ味わって!

放送日 2020年11月13日

新鮮情報   香川が誇る「キウイ」のおいしさ味わって!

 

香川県には全国に誇れる
味自慢のフルーツがたくさんあります。

その中でもこの時期に旬を迎えるのが
香川のオリジナル品種「さぬき讃フルーツ」に
5品種も登録されている「キウイ」です!!

フルーツはもぎたて新鮮がおいしいと言われますが、
キウイはまだまだ固い実のうちに収穫をします。
冷蔵庫で眠らせておいて、
出荷するときに追熟することで

おいしさのピークを迎えるようになっています。

お話を伺った天雲さんは、
今年の夏、部会長に就任されたばかり。
お父様の代からキウイを育てていますが、
天雲さんが受け継いでまだ3年目。
思い通りにいかないながらも、
おいしいキウイを届けるために
日々愛情込めて育てています。

さて、キウイはどのように成長するかご存じですか?
キウイは木を1m80㎝ぐらいの高さで
ブドウの棚のように枝を這わせて
ブドウの房のようにキウイが
垂れ下がるように実を付けます。

出荷できる実をつけるようになるまで
3~5年はかかります。

5月ごろの花が咲く時期には、
何日も広い園地を回って受粉の作業が続きます。
実をつけると今度は1つ1つ袋がけをしていきます。
手間がかかる作業ですが、こうすることで
日焼けしたり傷や虫がつかないように
キウイを守っています。

10月頃からの収穫がひと段落すると、
次の年に備えて1月には剪定をします。
これがとても目利きのいる
重要な作業だということです。

そのため部会で集まって
講習などをして技術を伝えます。

このように、たくさんの愛情を注がれることで
おいしく育った「キウイ」!!
善通寺地区では、主に3種類のキウイが出荷されています。

まず9月の終わりに収穫が始まるのが
「さぬきゴールド」
名前の通り果肉はゴールド!!
丸みを帯びたボディは大きく成長し
300gを超えるものもあるほど。
味わいはさわやかな甘さで酸味がなく
果肉も柔らかくジューシーです。

10月初旬に収穫が始まるのが
「さぬきエンジェルスイート」

丸みのある形の実を切った断面には、
エンジェルの名前のとおり天使の赤い輪が見えます。
黄緑色の果肉に赤が映えます。
糖度がとても高く、上品でコクのある甘さです。

そして11月に入って収穫されるのが「香緑(こうりょく)」
最初にオリジナル品種に認定された品種です。
これぞキウイという見た目の俵型と濃い緑色の果肉。
味わってみると、甘さの中にある
酸味が心地よく感じられます。

バランスが取れた王道のキウイです。

キウイは本来出回る時期が少しづつ違うので
なかなか並べて食べ比べることはできませんが、
それぞれに味わいが違います。
ぜひ「キウイ」を食べるときには
その品種にも注目してみてください!!

お店でキウイを買ったときは、
食べる前にその硬さを一度チェックしましょう。

少し柔らかさを感じるぐらいが食べ頃です。
固いなと感じたら、ポリ袋にリンゴと
一緒に入れてしばらく待ちましょう。

リンゴがキウイを柔らかくし、
おいしさもググっと引き出してくれますよ。


ご出演:善通寺キウイフルーツ部会部会長 天雲一壽さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年10月30日

オンラインでも楽しめます!!「高松盆栽の郷フェスタ2020」

放送日 2020年10月30日

新鮮情報   オンラインでも楽しめます!!「高松盆栽の郷フェスタ2020」

 

晴れやかな秋晴れの元やってきたのは、
高松市国分町にある「高松盆栽の郷」
こちらは今年4月1日にオープンしました。
以前の施設に比べて売り場が1.6倍広くなり
1万本以上の盆栽や苗木が並んでいます。

こちらで開催されているのが、
「高松盆栽の郷フェスタ2020」です。
毎年この時期に行われていたフェアが
新型コロナウイルスの影響を受け中止となる中、
毎年楽しみにしてくれている方のためにもと考え
オンラインを活用した新しい形での開催となりました。

日時は、10月24日(土)25日(日)31日(土)
11月1日(日)7日(土)8日(日)
時間は、午前9時~午後4時までです。
会場は、高松盆栽の郷に加えてオンラインも可能です。

当日の会場では、
高松盆栽が勢ぞろいする圧巻の景色が広がります。
青空に映える緑は心を癒してくれそうです。
たくさんある種類や形の中から
お気に入りを選んでの「展示即売」や
若手の盆栽作家が実演する
「高松盆栽デモンストレーション」があります。
普段はなかなか見ることができない技術や知識を
目に焼き付けてみませんか?

会場の様子は、ライブ配信もされますので
会場に来れない方にも楽しんでいただけます。

また「高松盆栽の郷フェスタ2020」の
ホームページにもお楽しみ企画があります。
まずは「盆栽診断シート」です。
質問にYESかNOで答えていくと
自分にぴったりの盆栽がわかります。
何から始めようか迷っている方は
この診断を参考にするのもお勧めです。

クイズに答えて正解すると「高松盆栽」が
抽選で150名にプレゼントされる企画もあります。
クイズはとっても簡単なので
チャレンジする価値大ですね!!

他にも、生産者の方が作り上げた自慢の盆栽の
「いいね!」の数を競う選手権や
インターネットオークションなど
今までに盆栽に親しみがなかった方にも
興味を持つきっかけになればと
気軽に参加できるようになっています

「高松盆栽の郷」で検索して
盆栽の魅力に触れてみてください。
そして、興味がわいたら会場にも
足を運んでみてください。
直接見ることでわかる盆栽の表情を
その目で味わってみてください。

 

ご出演:高松盆栽の郷推進協議会会長 平松浩二さん

- ページの先頭へ戻る

2020年10月16日

世界に誇れる、小豆島の「オリーブ」をどうぞ!!

放送日 2020年10月16日

新鮮情報   世界に誇れる、小豆島の「オリーブ」をどうぞ!!

 

秋晴れの気持ちの良い青空のもと、
オリーブの柔らかな緑が
風に揺れて気持ちよさそうです。

見ているだけで癒される風景が
今の小豆島にはあります。

JA香川県池田集荷場では、今年も9月23日から
小豆島産の「新漬用オリーブ」と「青果油用オリーブ」の
出荷が始まっています。

今年の状況を伺うと、
梅雨明けが遅かったり夏の猛暑など
気象条件は木にとっても大きなストレスでした。
そんな中でも生産者さんの
丁寧で適切な管理によって

収穫量も順調になり、大きさも十分、
品質も申し分なく良いものに仕上がっています。

オリーブというと私たちには同じに見えますが、
実は世界中には何千もの品種があります。
そしてもちろん、それぞれに特徴があります。
小豆島で主に育てられているのは、4種類。
これは長い歴史の中で小豆島の気候に
適した品種ということかもしれません。

「ネバディロブランコ」は
早い時期から収穫が始まります。

先が尖っていて、収穫はもちろんですが、実は
他の品種の受粉木としての役目も果たしているそうです。
オリーブは同じ品種よりも他の品種と
交配したほうが良い実ができるそうです。
「マンザニロ」は丸い形をしており、
主に新漬け用に使われます。
もう一つ、新漬けように
収穫されるのが「ミッション」

10月14日から出荷が始まりました。
小豆島で一番収穫が多い品種です。
最後に出てくるのが、小ぶりの「ルッカ」
主にオイル用に収穫されます。
それぞれの特徴をいかして利用され
私たちに届けられています。

特に新漬け用の果実は、傷がつかないように
1つ1つ丁寧に手で収穫されます。
収穫後も果実が傷まないように注意しながら、
厳しい出荷基準をクリアしたものだけが使われます。
だからこそ、私たちが安心して
手に取ることができるんです。

生産者さんは出荷時期になると、
果実の品質の統一を図るために
出荷説明会を開いて出席者同士で確認を行います。
これも小豆島のオリーブの品質を
保つ上で欠かせないことです。

そしてさらに小豆島のオリーブを
進化させる動きがあります。

来年から新しい品種の栽培が始まるんです。
日本で初めてのオリジナル品種が登録されました。
それが、香川県の小豆島で
実現したなんて凄いことです!!

「香おり(かおり)3号」と「香おり5号」の苗木が
これから小豆島の地で育ち始めます。
私たちの手元に届くまでにはあと何年かかかりますが、
わくわくしてその時を待ちたいと思います。

「マンザニロ」や「ミッション」などの名前に並んで、
「香おり3号」がたくさんの人に
知られるようになる日が来るのも

そう遠くないのではないでしょうか?

JA香川県小豆ふれあい産直市では、生産者さんが作った
自家製オリーブ商品も並びます。
オリーブのこと知っていても、
しっかり味わったことがない方はまだまだいらっしゃいます。
1つ1つ丁寧に栽培された自慢のオリーブ!!
ぜひ味わってみてください!!


ご出演:小豆島オリーブ部会部会長 畑口欣哉さん

JA香川県小豆地区営農センター農産園芸課 山本祐哉さん
ご協力:小豆島オリーブ部会 松江寿美雄さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年10月9日

もう少しで届きます!自慢の一品「おいでまい」

放送日 2020年10月9日

新鮮情報   もう少しで届きます!自慢の一品「おいでまい」

 

本格的な秋を迎え、新米を味わう方も
増えていると思います。

そんな中、そろそろみなさんの
お口に届く日が近づいているのが

香川県のオリジナル米「おいでまい」です。
今年は10月5日から刈り取りが始まっています。
これから、選別や精米などの過程を経て、
お店などに並ぶようになるのは
10月下旬頃になりそうだということです。

何とも待ち遠しいですね!!

「おいでまい」は平成25年の
本格デビューから2年連続で、

米の食味ランキング「特A」を
獲得し話題となりました。

その後も平成28年、そして去年は3年ぶりに「特A」を獲得!!
おいしさについては言うまでもありませんが、
やはり、今年の出来はどうなのか気になるところです。

台風の動きが気になる雨模様の中うかがったのは、
綾川町の「おいでまい」生産者、川染さんのお宅。
こちらでは7.7haで「おいでまい」を作っていらっしゃいます。
平成25年の本格デビュー前から携わってきただけに、
とにかくおいしいお米を作りたいという
熱い思いがお話しからも伝わってきます。

今年の出来を伺うと、風の影響もなく晴天に恵まれたことで、
とても良い仕上がりだということです。
夏の暑さは厳しく私たち人間にとっても過酷でしたが、
「おいでまい」の本来の特徴である、暑さに強いところが
今年の出来をぐっと良くしてくれたようです。
他にも、見た目が色白美人で透明感があることや
粒ぞろいがよいことも特徴ですが、
今年はそれも抜群に際立っています。

川染さんは最初に刈り取った
お米を精米し食べてみたところ、

今年の出来の良さが確信に
変わったとおっしゃっていました。

本当においしかったとお話してくださる笑顔が、
この1年の「おいでまい」に
かけてきた愛情なのだと感じました。

こう聞くと私も試食せずにはいられません。
川染さんの奥様が握ってくださった
「塩むすび」をいただきました。

炊いたお米は艶々がさらにアップし、透明感も増します。
「おいしいから食べて」と
お誘いの声が聞こえてくるようです。

口に入れると噛みしめるごとにお米がほぐれていきます。
一粒一粒の存在を感じながら、甘みも広がります。
じっくりずっと味わっていたい気持ちになりました。
これは私の独断ですが、今年も「特A」のおいしさです。

ここまでおいしいお米にするには、大変な努力があります。
川染さんがこだわっているのは、全部と言いたいところですが
特に土と水が大切です。
お米が栄養を吸収するのは土と水からです。
そのため、稲わらや麦わら籾がらはを土に返すことで
栄養を循環させるように工夫したり、
水はけが悪すぎてもよすぎてもいけないので、
夏の暑い時期でも毎日新鮮な水を与え続けます。

「とにかくおいしいお米を作りたい」
この思いを忘れることなく、
毎年おいしいお米を作ってくださっていること知ると、
より一層ありがたく味わいたいと思いました。

皆さんのお手元に届くまでもう少しです。
ぜひ、「おいでまい」の新米のおいしさに感動してください!!

 

ご出演:中讃地域おいでまい生産者組合副会長 川染常男さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年10月2日

フレッシュな生産者も活躍中!!「ミニトマト」

放送日 2020年10月2日

新鮮情報   フレッシュな生産者も活躍中!!「ミニトマト」

 

今回お邪魔したのは、ミニトマトの栽培を始めて2年目。
さぬき市寒川町石田の藤井さんのハウスです。
10月を迎えて季節は秋。
朝晩の冷え込みを感じるようになってきましたが、
秋晴れの日差しの下では、
ハウスの中は30度近くになっていました。

広いハウスの中はとってもきれいに整備されています。
2000本ものミニトマトの木が整列し、
ちょっとしたジャングルのようです。
青々とした木に花や実をつけて
茂っている様子は圧巻です。

実は昨年もこのハウスにお邪魔して、
いよいよ初めての収穫が
始まるというタイミングで

お話を伺いました。
会社員の時代から思い立って3年。
修行を経て独り立ちして1年。
2年目を迎えた藤井さんは
より頼もしくなっていらっしゃいました。

すくすくと順調に育っているように見えますが、
今年の猛暑はミニトマトに
とっても厳しかったようです。

成長の様子が去年とは違い
悩むこともあったそうです。

それでも、1年目と比べると
ミニトマトが何を考えているか

わかるようになってきたということです。
また、教えられるがままにやるのではなく
自分の考えをもって相談できるようになった
と話す姿は力強く見えました。

今年は昨日から収穫をスタートさせたそうです。
出来栄えを伺うと、甘さは十分で味は上々!!
試食させていただくと、間違いないおいしさ!!
果汁もたっぷりで優しい
酸味としっかりとした甘みが

口の中に広がります。
大きめのものを一口でいただいたのですが、
飲み込んでしまうのがもったいないくらいの
味わい深さでした。

藤井さんはこのミニトマトを使って
「無水カレー」に挑戦!!
玉ねぎを炒めトマトと野菜を加えて煮込むと
お水が全く必要ないほどの水分が出てきたそうです。
お野菜の旨味が溶け出した絶品のカレー。
お話を聞いているだけでよだれが出そうでした。

ミニトマトの収穫は、これから7月ごろまで続きます。
1本の木から7~8kg、年間で14~15tほど
全て手摘みで収穫します。
ピークの11月と5月は猫の手も借りたいほどだそうです。
そんな中でも、やりがいを感じ日々努力を続ける姿を見て
もっともっと農業に携わりたいと考える人が
増えていくといいなぁと感じました。

見た目のかわいらしさもある「ミニトマト」
これから続々と出回ります。
かわいらしさ以上の栄養も
しっかり詰まっていますので、

たくさん食べて季節の変わり目を
元気に過ごしましょう!!


ご出演:さぬき市ミニトマト部会 藤井健司さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年9月25日

秋の訪れ感じます「太秋柿(たいしゅうがき)」

放送日 2020年9月25日

新鮮情報   秋の訪れ感じます「太秋柿(たいしゅうがき)」

 

秋を代表する果物の1つ「柿」
秋の到来を感じさせながら早生の品種から始まって
冬本番まで食卓を彩ってくれます。

柿と言えば鮮やかなオレンジや
こっくりとした橙色ですが、

この時期旬を迎える「太秋柿」は、
青い(緑)色をしています。

最近は知っている人も多くなってきましたが、
知らない人はもちろん知っていても
一瞬躊躇してしまうほど熟れた色をしていません。

一度食べてみるまでは、もし見かけても
手に取ることはないかもしれません。

でも、一度食べるとファンになってしまう方が
続出のおいしさなんです!!

見た目の緑色に加えてインパクトがあるのが、大きさ!!
迫力ボディは、普通の柿の1.5~2倍はあります。
重さも主流のサイズで300~500g食べ応え抜群です。
食感は、シャキシャキ、サクサクとしていて軽やか
噛んでいくとさっぱりとした甘さの果汁が出てきます。

今年は夏の雨が少なかった影響で、
サイズは小ぶりのものが多いようですが

その分、甘さは凝縮されて味わい深くなっています。
私も試食させていただきましたが、
今年の出来は間違いなし!!
甘さも十分、食感も最高です!

お話を伺った由良さんは、
お父様から引き継いで柿を育て始めて5年目。
それまでは全く別の職業だったので
最初は戸惑いばかりだったそうです。

それでも、同じ柿を育てる仲間に助けられながら、
少しづつ柿のことが
わかるようになってきているとのこと。

悩みを打ち明けられる仲間という存在がいることが
おいしい柿を作ることにもつながっているのを感じました。

綾川町千疋の昭和選果場では、
集荷した柿を大きさや重さごとに選別していきます。
細かい傷などは人の目を通して確認しています。
ここでは、直売所も設けられています。
柿のシーズン中は午前9時から午後2時までオープンしていますが、
なくなり次第終了となります。
「太秋柿」は10月上旬ごろまであるようです。
袋詰めのものは7個入りで500円!!
かなりお得です!!
お客様もご存じのようで、
何袋かまとめて購入される方が多くいらっしゃいました。

まだ味わったことがないよという方、
見かけたらチャンスです!!
ぜひ手に入れて食べてみてください!!
そしてファンになってそのおいしさを
広めていきましょう!!

 

ご出演:綾歌南部柿部会部会員 由良泰博さん
綾歌南部集荷場 木下星夜さん

 

- ページの先頭へ戻る

2020年9月18日

お彼岸は開店が1時間早くなってます!!「JA産直空の街」

放送日 2020年9月18日

新鮮情報   お彼岸は開店が1時間早くなってます!!「JA産直空の街」

 

高松市香南町の高松空港からも近い場所にある
「JA産直空の街」は今日も朝からにぎわっています。
こちらは県内だけでなく県外からのお客様も多く、
野菜や果物だけではなく、お肉に卵、
はばひろいパンやお総菜、お花まで

幅広い商品ラインナップが魅力の一つです。

通常は朝8時開店ですが、お彼岸ということもあって
18日(金)~22日(火)までは、なんと、7時開店!!
お彼岸にご入用になるお花や果物などが特に豊富です。
お客様の買い物の様子をちょっと覗かせていただくと、
皆さんカゴをいっぱいにしてレジに
並んでいらっしゃいました。

お話を伺った中村さんは、
50年以上「卵」を扱っていらっしゃいます。

そんな中、最近、「イチジク」の出荷も始めたそうです。
始めてみて感じるのは、鶏を相手にするよりも
イチジクのほうが難しいということ。

付き合った年数がまだまだ鶏には及ばないので、
苦労することも多いようです。
それでも新しいことに挑戦するのは
素敵なことだと思いました。

なにより楽しそうにお話してくださるのが
印象的でした。

イチジクは10月末まで出荷があるそうです。

現在の産直の様子を伺うと、
シャインマスカットやピオーネなどの「ぶどう」と
この地域が産地となっている「柿」が
どんどんと出荷されています。

まず現在出始めているのが「太秋柿(たいしゅうがき)」
見た目は緑色をしていますが、この見た目とは裏腹。
ちゃんと甘くなっています。そしてサクサクした食感!!
この見た目に最初は驚きますが、
一度味わった方はファンになる方も多く、

少しづつお客様にも浸透してきています。
続いて「早秋」「西村早生」「松本早生」「富有」と
12月初旬まで柿のシーズンが続きます。

今年は夏暑かったので小玉傾向ではありますが、
味は申し分なく仕上がってきています。
いろいろな種類の移り変わりも楽しましょう!!

一方、お野菜は夏の暑さで高騰が続いていましたが、
これからのお野菜は今種まきの時期です。
気温も落ち着いてきていますから、秋が深まれば
大根や白菜、ホウレンソウなどなど
お鍋やおでんなどに活躍のお野菜が出番を迎えそうです。

そのほか、ゴボウやジャガイモ、
レンコンの天ぷらや漬物など

お総菜コーナーも見逃さずチェックしてください。

産直の魅力は新鮮でお手頃なものが手に入ること。
手に取れば新鮮さを感じていただけること
間違いありません。

加えて、生産者さんたちがレシピや特徴を紹介している
ポップがあることでより安心して買えます。
ぜひ、「JA産直空の街」へお越しください!!


ご出演:JA産直空の街運営協議会副会長 中村博さん



 

- ページの先頭へ戻る

2020年9月11日

毎日食べたい!!「たまご」のお話

放送日 2020年9月11日

新鮮情報   毎日食べたい!!「たまご」のお話

 

JA香川県フードサービスは、
平成25年に旧西讃コープ食品と

旧農協鶏卵が合併して誕生した会社です。
フードサービスと聞くと、
レストランや宅配などをしているのかなと

思われる方も多いかもしれません。
実は、「たまご」を扱っているのです。

観音寺市の西讃事業部と高松市香南町の
高松事業部の2つの卵工場(GPセンター)から

「新鮮・安心・安全」な「たまご」を届けてくれます。
工場では、殺菌や選別、パック詰めなどの工程を経て
1日およそ70トン、個数にしておよそ130万個もの
「たまご」が出荷できる状態になります。

出荷されるのはすべて生卵の状態です。
県内だけでなく大阪や最近では香港など海外への
販売にも取り組んでいるということです。

さて、「たまご」は私たちの生活にとっても身近な食材です。
でも、意外と知らないことも多いようです。
「たまごは1日1個まで」というイメージありませんか?
コレステロールの摂りすぎが体に良くないのではと
心配される方もいらっしゃると思います。

実は、コレステロールは肝臓で
作られるものが8割、食品からは2割。

体がバランスをとってくれるので、
何個食べても大丈夫です。

(もちろん、常識の範囲内ですが。。。)
むしろ、毎日2個は食べたほうがよいくらい
栄養豊富な食べ物です。

メタボや高血圧の予防によい成分や
老化を遅らせると言われる抗酸化作用もあるそうです。

また、「たまご」には賞味期限が表示されていますが
これは「生」で食べられる期限だということです。
期限を過ぎてしまったら、
早めに加熱調理をして召し上がってください。

ひびの入ってしまったものも、必ず加熱して食べましょう。

「たまご」と一口に言っても、
白いものから、ピンク、赤と色が違いますよね?
これはたまごを産む鶏の種類で決まります。
エサが同じなら栄養面での大きな違いはないそうです。
エサにオリーブサプリやビタミンを入れることによって
付加価値がつき「ブランド卵」となっていくようです。

たまごは大好きだけれど
たくさん食べるのを控えていたという方、

これからは安心してたくさん食べてください。
「たまご」は生でたまごかけご飯にしても
うどんに入れてもいいですし、

茹でても焼いても炒めても、
煮てもおいしい幸せ食材です。

目玉焼き、オムレツ、チャーハン、おでんの具などなど
たまごが活躍する料理は数えきれません!!
たまごの黄色は元気が出る色でもありますよね。
いろんな料理にして毎日食べて
健康で元気に過ごしましょう!!

 


ご出演:JA香川県フードサービス高松事業部GPセンター長 田中博さん



 

- ページの先頭へ戻る