RNC
 トップニューステレビラジオパーソナリティーグルメイベント天気サイトマップ会社概要  
曽根 幸一 「事故」

 村役場に勤める「私」の家からごく近い国道11号線で、ある朝早く、交通事故が起きる。村人や通りがかりの人たちが国道に溢れんばかりの人垣をつくって事故の車を取り巻くが、けっして今まさに死のうとしている運転手その人を見ようとはしない。彼らは事故の車が片づけられるとあっという間に各自の場所へ帰っていく。今日では、農村ですら人間の死を見えにくくしているこの何者かの正体を問おうと試みた作品です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著者 曽根 幸一 (そね こういち)  プロフィール


1964年 豊中町役場に就職 三豊地区7町の合併に合併協議会事務局長として携わり、2006年1月1日三豊市誕生と同時に退職 著書等
1981年 小説『事故』で香川菊池寛賞受賞
1986年 小説『村』(清文社刊)
1997年 『七人童子怨霊考』で日本自費出版文化賞(研究評論部門賞)受賞
2001年 小説『讃岐小説集』
2005年 『子う取り婆さんの研究』で日本自費出版文化賞(研究評論部門)入選
2008年 『「平成の大合併」の現場から』
2014年 『三豊を、そして世界と自分を』
2017年 小説『運転免許』で「新潮新人賞」予選通過




朗読:岸 たけし(RNCアナウンサー)



【第2回】   2018年 9月24日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第1回】   2018年 9月17日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




アーツカウンシル高松のサイトにて
菊池寛賞 受賞作品を活字文書にて
ごらんいただけます。



菊池寛の生涯と業績を紹介する記念館。




141012
14182022
24262930
32333435
36373839
40414243
44454646s
47484950
51525253