RNC
 トップニューステレビラジオパーソナリティーグルメイベント天気サイトマップ会社概要  
雨宮 湘介「残の月」

 天野裕二は東京の私立大学で民俗学の講師をしている。母親の幸代は、息子が三十五歳にもなって独身なのを気に病んでいたが、裕二は、自殺した兄の妻、怜子を愛している。
 裕二は、母に勧められて見合いをするため郷里の長野県に帰省する。彼は見合い相手の女性、篠田桂子に好感をもち、二人は愛し合う。しかし、裕二は怜子との不倫の恋をふっきれず、桂子もまた、山で遭難死した婚約者の男性のことを忘れられずにいる。
裕二と桂子は、互いの胸に秘めた恋の残像≠知り、結婚に踏み切れずに別れる。
 その年の十一月、裕二は、母の幸代の病気見舞いと父の三回忌の法要のため帰省し、怜子と会う。そして、二人は、長野県の下伊那に伝わる「霜月祭り」を一緒に見に出かけ、再び恋の炎を燃やす。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著者 雨宮 湘介 (あまみや しょうすけ)  プロフィール


本名、市原信夫。1947年、香川県木田郡三木町生まれ。東京教育大学英文科卒。元読売新聞記者。定年退職後、郷里で農業に従事。菊池寛顕彰会副会長。文芸同人誌「四国作家」代表。著書に、小説集「夏の月」、紀行「四国遍路考」、評論「本覚思想から見た日本精神史」、「天皇制の成立と解体」。





朗読:池田 弥生(RNCアナウンサー)




【第8回】   2019年 5月19日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第7回】   2019年 5月12日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第6回】   2019年 5月5日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第5回】   2019年 4月28日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第4回】   2019年 4月21日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第3回】   2019年 4月14日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第2回】   2019年 4月7日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【第1回】   2019年 3月25日   >>聞く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




アーツカウンシル高松のサイトにて
菊池寛賞 受賞作品を活字文書にて
ごらんいただけます。



菊池寛の生涯と業績を紹介する記念館。




141012
14161718
20222426
29303233
34353637
38394041
42434445
4646s4748
49505152
5253