2017年開催分

   最優秀賞優秀賞RNC賞スポンサー賞


 
四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所 一宮寺

「活動休止」
松田 裕美子(埼玉県)


男:アーティストがよく、活動休止って言ってるけど、何してるんだろうね。
女:一宮寺にでも行ってるんじゃない?
NA:人生、ひと休み。第八十三番札所、一宮寺で、心休まるひとときを。





【赤松氏のコメント】
セリフ2行で単純にカッコイイ。一往復の会話で言い切っているところがすごく好きです。
アーティストの人がよく活動休止していますが、その間何をしているのだろう?という部分に
グッと踏み込んだ所が面白い。その後、「お寺に行ってるんじゃない?」飛躍した答えを用意して
尚且つ、ナレーションで「人生一休み」と入れるこの感じがすごくいい作品です。

 
香川県自動車整備振興会

「走って!止まって!」
長井 謙(沖縄県)


女「走って!」
SE「タッタッタッタッタ」(走る音)
女「止まって!」
男「はぁはぁ」
女「走って!」
SE「タッタッタッタッタ」(走る音)
女「止まって!」
男「はぁ」
女「走って!」
SE「タッタッタ」(走る音)
女「止まって!」
男「ぜぇぜぇ」
NA「車は酷使されている。だからちゃんと定期点検しよう。
   香川県自動車整備振興会」





【赤松氏のコメント】
すごくシンプルな事を言っている。
車の「STOP」&「GO」の繰り返しを人間に例えると大変だという事を分かってもらうやり方は
オーソドックスで要素が少なく、何か分からない要素からスタートして、酷使されているところに含めて、
聞いている人が気持ちをそらさずにラジオの前に居られる感じがいいなと思いました。
「車は酷使されている」、
「だからちゃんと定期点検しよう」がすごくシャープでいいです。



 
四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所 一宮寺

「天気予報」
松田 裕美子(埼玉県)


男:ここで、休日の天気予報です。
  朝から昼にかけては、晴れ。
  夕方からは、ママの機嫌が不安定になりますので、
  昼間のうちに、心休まる一宮寺に誘っておきましょう。
NA:心、安らかになるお寺。第八十三番札所、一宮寺。




【赤松氏のコメント】
天気予報系のネタはよくあるが、ママの機嫌が不安定になった後に
用意されているものがお寺というのはあまりなく、落差・ギャップがすごくよく出来た作品。
20秒の短い作品で聞きなれた人だと、こうなるだろうと思っている所へ、どういう風に裏切ってあげるか、
その辺も大事。


 
株式会社NTTドコモ

「毎日が子供みたい」
上野 拓進(青森県)


(母)「ご飯の時はスマホを置いて!」   
   「おふろで流す音楽も音を小さく!」
   「聞いてるの?お爺ちゃん!」
(爺)「ん?呼んだ?」
(母ナレーション)スマホに変えたお爺ちゃんは、毎日が子供みたい(笑)
(ナレーション男性)スマホを楽しもう!
お問い合わせは、お近くのドコモのお店へ




【赤松氏のコメント】
「(母ナレーション)スマホに変えたお爺ちゃんは~」は、無くても良いかも知れません。
聞いている人が獲得出来る事なので「あの人も楽しんでいる」等の短くシャープな言葉を
置いたほうが良くなる。少し説明しすぎているが、いい作品。

 
一般社団法人香川県自動車整備振興会

「安心」
清水 利昭(東京都)


男性1: 検査の結果ですが。
男性2: …はい。
SE : ドックン…ドックン…ドックン…。(心臓の鼓動)
男性1: 異常なしです。
男性2: …はぁ、よかった。
NA : あなたの命に関わることです。車の定期点検整備を。
     一般社団法人 香川県自動車整備振興会。




【赤松氏のコメント】
自分も車検の時に、「問題なしです」と言われたときに、「そうだね」と思います。
車は、命を乗せている。「本当にそうだな」「確かに」と思うので選びました。
 
国方防虫化学株式会社

「きいたわ!」
嶌田 紀章(埼玉県)


女A:最近流行ってる、水素風呂ってどうなの?
女B:きいたわ!
女A:何にきいたの?美容?健康?
女B:きいたのよ、国方防虫に。
女A:は?
女B:月3780円でレンタルしてるそうよ。
NA:おうちのお風呂が水素風呂に早変わり!
   リタライフのレンタルは、国方防虫で!




【赤松氏のコメント】
「きいたわ!」という言葉が、(聞く)と(効く)で最初勘違いから始まるのが、
ラジオCMならではの作りだと思っています。
すごく整理されていて、秒数も気持ちよく読めるように計算されたCMだと思います。
 
株式会社グランド商事・アドバンス

「熟年離婚」
鈴木 恵美(京都府)


(NA1)昔々、おじいさんは毎日山へ柴刈りに、
    おばあさんは休みなく川で洗濯をしていたので、
    お互いストレスが爆発し、熟年離婚してしまいましたとさ
(NA2)昔々にはなかった遊び場を創りたい!
    「株式会社グランド商事・アドバンス」




【赤松氏のコメント】
「熟年離婚」と「昔話」の距離感、ナレーションの「昔々にはなかった遊び場を創りたい」の企業の思いが
すごくいいと思いました。全体的にバランスがとれている。
 
株式会社クリーンエンジニアリング

「溜まる、溜まらない」
安藤 一明(長野県)


男性:溜まらないもの。それは貯金と運
女性:いつの間にか溜まっているもの。それはストレス、ゴミ
男性:でも、ゴミは処理するプロがいるから大丈夫
NA:ゴミの処理ならお任せください。クリーンエンジニアリング




【赤松氏のコメント】
普通の事を当たり前に言っている。
「でも、ゴミは処理するプロがいるから大丈夫」
一周まわって普通のことが、すごく変な事になるはずだと思って作られている。そこがいい。
演じる人の可能性に賭けて、そこに委ねられている。
 
株式会社ジャパンモールド

「型破り」
長岡 勇人(宮城県)


夫:このオブジェ型にはまってなくていいなぁ。
妻:あの建物のデザインもずいぶん型破りよ。
子:どうやって作ったんだろう?
N1:型にはめて作りました。
N2:斬新なアイディアを形にします。
  コンクリート製品の型枠なら、ジャパンモールド。




【赤松氏のコメント】
会社がコンクリート製品の型枠を作っているのを伝えて、そこがまず分かる。
どんなに「型破りなオブジェ」を作るにも「型」がある。
ある種のポジティブな矛盾が、そうだなと思える。
発見があって、そうだなと思った気持ちが、型作りをしている会社にちゃんと届く。
 
高松けいりん

「発見」
柴田 賢一(茨城県)


女:ねえ、どの自転車もブレーキがないよ!
  レースが終わってどうやって止まるの?
  あんなにタイヤが細くて大丈夫なの?
  寒い時期もあの格好で走るの?
  ねえってば!
男:彼女を高松けいりんに連れてきたら、
  たくさん不思議があって楽しそうです。
NA:ここには、白熱と発見がある。
   高松けいりん。
   開設67周年記念玉藻杯争覇戦 GIII. 開催。




【赤松氏のコメント】
女性ファンが増えたらいいな…と思っての手法だと思います。
自分も初めて競輪場に行った時に「自転車にブレーキが無い」発見って本当にあるなと思いました。
文章量が多いのでもう少し短くした方がいいかも…。
 
株式会社タコタコ海上タクシー

「カメとタコ」
南 和男(神奈川県)


(男) カメが、浦島太郎を竜宮城につれていってくれました。
(女) タコが、私たちを瀬戸内海の島めぐりにつれていってくれました。
(NA) 観光やビジネスなど、目的に合わせた船をそろえています。
     タコタコ海上タクシー。




【赤松氏のコメント】
会社の名前がすごくチャーミングなので、「カメが」「タコが」に一点集中している。
タコが島めぐりに連れて行ってくれる。そこに尽きます。
すごく好きになりそうな会社です。「カメ」「タコ」が同じ2文字なので言葉の響きが気持ちいい。
 
株式会社ネクサス

「シンデレラ」
清水 利昭(東京都)


王子:シンデレラ。
シンデレラ:なあに?王子様。   
王子:帰らないの?
シンデレラ:いやよ。   
王子:12時過ぎたよ。帰ったほうが…。
シンデレラ:いやよ。だって、ここのパーティ楽しいんだもん。あははは!
NA:夢のようなイベントを演出。ネクサス。




【赤松氏のコメント】
12時を過ぎて「帰らないの?」と言うタイミングが良い。
「あはははは!」のコメント無しで、すぐにナレーションに入ってもいいかな…。
 
株式会社ハウシード

「ひとり」
秋沢 一氏(神奈川県)


女1:ねえ、「ひとり焼肉」って、できる?
女2:ムリかな。
女1:ラーメンは?
女2:やっぱムリ。でも、「ひとり部屋探し」なら、できるわ。
NA:カフェ感覚で、女性おひとりでも、気軽に出入りできるお店です。
   高松での住まい探しなら、不動産ギャラリーハウシード。




【赤松氏のコメント】
「ひとり焼肉」も行く人と行かない人がいます。考えてみると、一人で部屋探しも心細いこともあります。
カフェ感覚で…という所が、ハウシードさんの特徴とマッチしている。
 
有限会社山下畳商店

「いい匂い」
長井 謙(沖縄県)


女A「あたしね、最近アロマにはまってるの」
女B「あたしは、お香ににはまってるわ!マユミは?」
女C「あたしは、特に」
女B「そうなの」
女C「だって、そんなの必要ないもん」
女A・B「え?」
NA「いい匂いがする、畳の部屋にしませんか?山下畳商店」




【赤松氏のコメント】
「畳の匂い」というところ。言われた時に「確かに」と思います。
みんなの記憶の中のちょっと遠い場所に眠っている「替えたての畳の匂い」を呼び覚まします。
女性2人の「え?」は無くてもいいかなと思います。そうすると演出方法も違ってくるかも。

 
四国八十八ヶ所霊場 第八十三番札所 一宮寺

「夫婦」
橋口 賢一郎(愛知県)


夫「母さん、お茶ください」
妻「はいはい」
効果音(お茶を注ぐ音)
妻「はい、どうぞ」
夫「いい天気だな」
妻「そうですね」
(間)
妻「そろそろ帰りましょうか」
夫「ああ」
NA おうちのようにお過ごしください。
   第八十三番札所 一宮寺。



 
株式会社NTTドコモ

「操縦」
柴田 賢一(茨城県)


母親:スマホの操作って、難しそう・・・
女性:思ったより簡単だよ。お母さん、気難しいお父さんのこと、
    上手いこと操縦するでしょ。あれより100倍は簡単・・・!
母親:ちょっと自信ついてきた。
NA:スマートフォンは、決して難しい機械じゃない。
   お問い合わせはお近くのドコモのお店へ。





 
一般社団法人香川県自動車整備振興会

「クルマの健康」
保岡 直樹(東京都)


娘:パパは毎日、栄養ドリンク。
  ママはルンルン、お肌のお手入れ。
  でもなぜか、クルマの健康には無関心・・・。
NA:交通事故防止のために定期点検を。クルマはみんなの命です。
   香川県自動車整備振興会。




 
国方防虫化学株式会社

「苦情」
長井 謙(沖縄県)


夫「なぁ、お隣さんからうるさいって苦情がきたぞ」
妻「え、そんな大きな音、出してたかしら」
夫「お風呂の時の、お前の鼻歌がうるさいそうだ」
妻「あぁ!」
NA「ごきげんになるお風呂タイム。水素風呂リタライフのレンタルは、国方防虫」





 
株式会社グランド商事・アドバンス

「いつもやること」
中澤 弘(埼玉県)


M:昔話風語り:おじいさんはいつものように、山へ芝刈りに。
          おばあさんもいつものように、川へ洗濯に行きました。
          いつもいつも、よくまぁ…
おじいさん・おばあさん:他にやること、ないんだもん。
NA:暮らし潤うサービスを。グランド商事・アドバンス。





 
株式会社クリーンエンジニアリング

「もったいない」
本徳 智洋(静岡県)


NA1:使わないけど捨てるのはもったいないと思って、
    物を溜め込んでいませんか?
    実は溜め込んでいるほうが、もったいない。
    ちゃんとしたところに捨てれば資源の再利用に繋がります。
NA2:ゴミ回収は資源の回収。クリーンエンジニアリング。






 
株式会社ジャパンモールド

「型(かた)」
南 和男(神奈川県)


(女) 「モールド」って、なに?
(男) 製品をつくるための「型枠(かたわく)」つまり「型(かた)」のことだよ。
(NA)ジャパンモールドは、型をつくる会社ですが、
    社員は決して型にはまっていません。
    自由な発想で、どんな型でもつくります。
    ジャパンモールド。



 
高松けいりん

「真剣勝負」
橋出 美鳥(岡山県)


パパ:次、たかしだぞ。イケー、捲れー!
ママ:あなた、小学校のリレーで捲れはないでしょ。恥ずかしい。
パパ:熱いレースを見て真剣に応援して何が悪いんだよ。
    たかしー、差せー!
ママの心の声:もー、完全に競輪じゃない。でも、そんなに楽しいのかしら。
Na:遊びに来て。高松競輪。






 
株式会社タコタコ海上タクシー

「桃太郎」
松本 圭太(大阪府)


祖母:桃太郎たちは鬼ヶ島へ着くと・・・、
少女:おばあちゃん、桃太郎はどうやって鬼ヶ島に行ったの?
祖母:舟をこいで、行ったんだよ。
少女:えー、タコタコ海上タクシー使えば良かったのにね。
NA:楽に島へ渡れます。タコタコ海上タクシー。


 
株式会社ネクサス

「盛り上がる会場」
長井 謙(沖縄県)


男「今日はみんな来てくれてありがとー!」
観客「ワー!」
男「最後まで楽しんでいってくれー!」
観客「ワー!」
部下「部長、すごい盛り上がりですね」
部長「あぁ、仏壇の展示会なのにな」
NA「どんなイベントでも盛り上げます。イベントならネクサス」




 
株式会社ハウシード

「カフェ」
与座 郁哉(愛知県)


SE:カランカラン(入店する音)
女:いらっしゃいませー。ご注文はお決まりでしょうか?
男:えーっと、高松市のオススメ物件の情報をひとつください。
女:かしこまりました。ご一緒に三木町の物件情報はいかがですか?
男:ああ、じゃあそれも追加で。
女:かしこまりました。
NA:カフェ感覚で、気軽にお越しください。
   不動産ギャラリーのハウシード。


 
有限会社山下畳商店

「畳なんて」
松田 裕美子(埼玉県)


男:今度の家、1つくらいは、畳がある部屋にしたいな。
女:えー、畳の部屋なんて、
あぐらかけるし、すぐに寝っ転がれるし、くつろぐしかないんだけど。
男:おい、良いことしか言ってないぞ?
NA:あなたのおうちに、くつろぎをつくります。
畳のことなら、山下畳商店です。



    ※スポンサー賞は赤松氏のコメントはありません。

【今年の総評】
どれもすごく面白く、再現するアナウンサーの方々の「声」「お芝居」も去年・一昨年より、すごくよかったです。