2020年開催分

   最優秀賞優秀賞RNC賞スポンサー賞


 
株式会社景匠館

「反抗期」
白川 千尋(香川県)


父:こんなに遅くまでどこに行っていたんだ。
娘:お父さんには関係ないでしょ。
父:門限は9時だと言っているだろ。
娘:でも、うちに門なんてないじゃない。
父:あっ…。
NA:門限を作るなら、素敵な門もご一緒に。
  お家の外構なら景匠館。





【赤松氏のコメント】
「うちに門なんてないじゃない」という娘の切り返しがすごく好きです。
ケンカしているけど、父・娘のかわいい関係がいいですね。
「門限を作るなら、素敵な門もご一緒に」 このコピーが素晴らしく、
今回のエントリーの中で一番いいと思いました。いろんなキャンペーンに広がります。


 
株式会社クリーンエンジニアリング

「追跡」
長井 謙(東京都)


SE:車のドアを閉める音
婆「運転手さん」
運転手「はい、どこへ行きましょう」
婆「前のゴミ収集車を、追ってください!」
運転手「え」
NA「いつもゴミ出しに間に合わないあなたに。
  ゴミのことなら、クリーンエンジニアリング」





【赤松氏のコメント】
ゴミ出しが億劫になる事をエンターテイメントにしている感じ、この企画が一番よかった。
言葉数も少なく、シャープです。



 
穴吹エンタープライズ株式会社「ルポール粟島」

「来るたびに」
糴川 航嗣(大阪府)


子ども:海ほたる、すっごいキレイ!
    お料理もおいしいし、来年もまた連れてきてね!
パパ:去年と同じこと言ってる。
ママ:しかも同じテンションで。
NA:来るたび新鮮  ルポール栗島




【赤松氏のコメント】
子供が毎回同じ所に来ても同じように楽しめる無邪気さがいいなと思ったのと、
ママの「同じテンションで…」のコメントがいいと思いました。


 
おいでまい委員会

「そっちかよ」
塩田 泰之(東京都)


男1:この店のカレー、めちゃくちゃ旨いぞ。
SE:カレーを食べる音。
男2:旨い。こんな旨いカレー初めてだ。一体どこのお米を使ってるの。
男1:そっちかよ。
NA:香川県で生まれた美味しいお米「おいでまい」。どんな料理にも相性抜群。




【赤松氏のコメント】
カレーを食べている雰囲気がすごく美味しそう。
本当に言いそうな、有りそうなCMとして面白い。ギリギリの所を突いてきたなと思いました。

 
香川印刷株式会社

「赤巻紙」
岡田 英子(広島県)


男:赤巻紙、青巻紙、黄巻紙
女:もっとはっきりと!
男:赤巻紙、青巻紙、黄巻紙
女:もっと力強く!
男:赤巻紙、青巻紙、黄巻紙
女:もっとくっきり!
男:赤巻紙、青巻紙、黄巻紙
女:もっと鮮やかに!
男:赤巻紙、青巻紙・・・
NA:はっきり、くっきり、色鮮やかな印刷物を作ります。香川印刷





【赤松氏のコメント】
香川印刷さんは、鮮やかな良い印刷を届けたいというメッセージを持っていると思います。
そのメッセージとコピーがリンクしていて、赤・青・黄という「色」と「紙」の
印刷に近いところに触れられているこの作品が一番良かったです。

 
香川県

「飛び出すよ、車が急に止まったら」
吉川 文義(東京都)


子供:「飛び出すよ、車が急に止まったら」。
ママ:それ、「飛び出すな、車は急に止まれない」じゃないの?
子供:シートベルトしないと、車から人が飛び出しちゃうんだって。
NA:シートベルト、みんなで締めるいい家族。
  ストップ交通事故! 香川県です。




【赤松氏のコメント】
これはいい意味で怖いです。のどかな親子の会話かと思ったら、
フロントガラスに車内からぶつかってしまう映像が頭に浮かびます。 すごく効果的です。

 
一般社団法人香川県自動車整備振興会

「いるのよね、そういうご主人。」
吉川 文義(東京都)


SE:(街中の交差点がや)
女の声1:あら、あなた、なんか調子悪そうね?
女の声2:(元気なく)わかる?
女の声1:一度診てもらったら。
女の声2:診てもらえるのは車検の時だけ。
女の声1:いるのよね、そういうご主人。
NA:クルマはしゃべれませんが、だからこそ定期点検を。
  香川県自動車整備振興会。




【赤松氏のコメント】
近所のよくある会話で進めて、「車検の時だけ」でハッとしてよく出来ていると思います。
「いるのよね そういうご主人」部分の「ご主人」が、「持ち主」・「旦那」に係っていて、
最後のナレーションもコンパクトにまとまっているのもいいと思います。

 
京都ハウジング株式会社

「赤ちゃんもご機嫌」
吉川 文義(東京都)


パパ:賃貸賃貸~、バア~。
赤ちゃん:(笑い声)
パパ:分譲分譲~、バア~。
赤ちゃん:(笑い声)
パパ:仲介仲介~、バア~。
赤ちゃん:(笑い声)
ママ:あらあら。どれもご機嫌ね。
NA:ご機嫌な賃貸、分譲、仲介で住まいづくりをサポートします。京都ハウジング。




【赤松氏のコメント】
スクリプトを読んでいた時よりも、頭の中で想像していたより、すごくいい作品が出来ています。

 
株式会社クリーンエンジニアリング

「おじいちゃんの教え」
野村 一世(大阪府)


祖父:いいか、ケンジ。
   小さいことの積み重ねというのは、馬鹿にならないもんじゃぞ。
   塵も積もれば、山となる、というだろう。
孫:おじいちゃんが言うと説得力が違うね。
NA:ゴミでお困りの高齢者が増えています。
   ゴミ収集はクリーンエンジニアリングへご相談を。




【赤松氏のコメント】
「おじいちゃんが言うと説得力が違うね」の孫のセリフも自然でいいと思います。
「ゴミでお困りの高齢者が増えています」も人生訓として聞けます。

 
株式会社景匠館

「わざと」
橋本 翔(東京都)


SE:ピーンポーン
男児:(インターン越しに)庭にボール入れちゃって…
   中に入って取らせてもらってもいいですか…?
男:どうぞー
SE:ピーンポーン
女児:(インターン越しに)バドミントンの羽を入れちゃって…
   取らせてもらっても…
男:どうぞー
SE:ピーンポーン
男:またかー!
NA:思わず入りたくなるお庭。
  お庭、外構の工事は景匠館。




【赤松氏のコメント】
「男の子」と「女の子」のセリフが、ラジオで聞いている人にも分かるし、自然に聞こえます。
ラジオ用に分かってもらおうとすると少し説明が必要なので、リアルなセリフになる。
そこがうまい。
「中に入って取らせてもらっても…」のほんの一言くわえているだけで、すごくよくなっている。

 
株式会社ジャパンモールド

「かたおもい」
加藤 開人(東京都)


祖母:ねえ、ジャパンモールドって会社に結婚してる人はいないのかい?
孫:え、何で?
祖母:「かたおもい」の社員ばかりだって聞いたから
孫:ああ、「型枠」を作る会社だからね。そりゃみんな「型思い」だよ。
NA:社員そろって型思い。ジャパンモールド




【赤松氏のコメント】
ジャパンモールドさんの業態を分かってもらうのが大変。
型枠を作っている会社と説明しきっている所、「型」という言葉で
引っ張って行こうとしているところがいいと思います。

 
株式会社高松セラミックス

「家族。」
堀江 成禎(京都府)


父:出ていけー!
娘:こっちから出ていくわよ!
父:お父さんとお母さんが、どんな思いで瓦屋根にしたと思ってるんだ!?
娘:ええ?? 瓦?
父:耐震と断熱に優れた瓦は、生まれたばかりのお前を・・・
娘:なになに??
NA:家族を守る、瓦屋根。高松セラミックス。




【赤松氏のコメント】
瓦屋根の良さは言えてて、「娘を守るために…」のカオスの中で、
言いたい事をちゃんと言えているのがいいと思います。
ナレーションの「家族を守る瓦屋根」に「そうだな、そうかも」と思います。

 
株式会社マルヨシセンター

「晩酌」
佐々木 孝成(東京都)


妻:ごめんね、手の込んだ晩酌じゃなくて。
夫:いや、手が込んでるよ。
妻:マルヨシセンターで買ったものそのまま出したのよ?
夫:だから手が込んでるんじゃないか。
NA:手間を惜しまず作った「オリジナルBOX」
  健康とおいしさマルヨシセンター。




【赤松氏のコメント】
落ち着いて聞けるいい作品です。
ナレーションの“手間を惜しまず作った「オリジナルBOX」”の
「オリジナルBOX」の前に何か一言あればもっと良かったと思います。

 
美咲食堂

「会議の出席」
南 和男(神奈川県)


(部長) 明日の会議は、午後2時からで、10人出席だったな。
(秘書) それが、午前11時開始に変更になり、出席が15人に増えました。
(部長) こりゃ、昼のお弁当が目的だな。
(NA) 旬の食材を生かした仕出しとお弁当。美咲食堂。




【赤松氏のコメント】
私たちもロケでお弁当が出るのですが、
その時のテンションが上がる様子がよく表現されています。
算数の問題のようになっていて、その答えは…
美咲食堂のお弁当だったから…良く伝わる内容でした。

 
穴吹エンタープライズ株式会社「ルポール粟島」

「四季篇」
竹内 直樹(大阪府)


父:冬休みは、どこ行きたい?
子:粟島!
父:春休みはどうする?
子:粟島!
父:夏休みは?
子:粟島!
父:秋休みも?
子:秋休みなんてないよ。でも行きたい!
NA:四季の楽しみがある島。ルポール粟島へ。




 
おいでまい委員会

「ごちそう篇」
吉井 雅施(東京都)


夫:よし、今日はごちそうをつくるぞ!
妻:あら、楽しみだわ!
SE:(ご飯が炊けた音)
夫:できた!
妻:ご飯を炊いただけじゃない・・・。
NA:炊くだけで、ごちそうになる。香川県のおいしいお米、おいでまい。
  おいでまい委員会。




 
香川印刷株式会社

「発見」
岡田 英子(広島県)


男の子:パパ見て!黒ヒョウの目って青いよ!
パパ:青いな!スグル見ろ!テナガザルの爪って鋭いぞ!
男の子:鋭いね!パパ見て!レッサーパンダのしっぽってシマシマだよ!
パパ:シマシマだな!
NA:高画質だからわかる発見がある
  高品質、高画質の印刷物ならお任せください、香川印刷





 
香川県

「変身シートベルト」
竹田 豊(神奈川県)


息子: パパ、変身ベルト買ってよ。
パパ: タカシ、もう、いつもしてるじゃん。
息子: どこで?
パパ: クルマのシートについてるだろ、ドライブを安全にかえる変身シートベルト。
NA: シートベルトは全席絶対着用 「意識を変えて。しまっていこう!香川県」




 
一般社団法人香川県自動車整備振興会

「マネ」
中澤 弘(埼玉県)


子:ブーン、ブーン。
父:タクヤ、またクルマのおもちゃで遊んでるのか。
子:パパのクルマのマネ!ブーン…
父:ハハハ、上手だな。
子:プスプスプスーン(エンスト)
父:そこはマネしなくていいの。
NA:クルマの定期点検はしっかりと。
  香川県自動車整備振興会。




 
京都ハウジング株式会社

「京都に行こう」
糴川 航嗣(大阪府)


妻:そろそろ引っ越ししない?
夫:じゃあ、京都に行こう。
妻:なんで京都に行くのよ。香川県内で引っ越しするのよ。
夫:香川の引っ越しだから京都に行くんじゃないか。
妻:えっ?
NA:香川で家を探すなら京都ハウジング。





 
株式会社クリーンエンジニアリング

「年をとると」
糴川 航嗣(大阪府)


老夫:ばあさんや。
老妻:なんですか、おじいさん?
老夫:年取ると、腕の力は衰えるし足元はおぼつかなくなるし
老妻:ええ。
老夫:お金はたまらないけどゴミはたまるね。
老妻:そうですね
NA:高齢者に大変なゴミ捨て。クリーンエンジニアリングがお手伝いします。


 
株式会社景匠館

「それぞれの庭」
田名瀬 新太郎(静岡県)


父「ユウコ、母さんは?」
娘「南フランスに寄った後、アルプスの麓を訪ねて、エーゲ海でお茶して来るって」
父「・・・山田さんち、鈴木さんち、佐藤さんちの順か」
N「オンリーワンの庭を楽しもう。エクステリア&ガーデンの景匠館」





 
株式会社ジャパンモールド

「ワーク」
安藤 一明(長野県)


娘:ママ、お家で仕事してるの?
母親:そう。テレワークっていうの
娘:パパはテレワークじゃないんだ
母親:そうねえ、カタワークってとこかな
NA:工業製品のさらに先へ。芸術レベルの型枠お作りします。ジャパンモールド



 
株式会社高松セラミックス

「可哀そうな会社」
塩田 泰之(東京都)


子ども:高松セラミックスって可哀そうな会社だね。
大人:どうして?
子ども:瓦屋根は50年以上もつんでしょう。
    一度お屋根を作ったら50年もお仕事が無いんだよ。
大人:大丈夫。日本中には瓦屋根じゃないお家がたくさんあるから。
NA:やっぱり屋根材は瓦。高松セラミックス。




 
株式会社マルヨシセンター

「早食い」
中澤 弘(埼玉県)


SE:にぎわい
男:(マイクで)さぁスタートしました、早食い選手権!
  マルヨシセンターの安心食材をいかに早く、食べる人は誰もいなーい!
  みんなゆっくり 味わっているー!
NA:食材選びにこだわるなら。
  健康とおいしさ マルヨシセンター。



 
美咲食堂

「会議」
岡田 英子(広島県)


男1:田中、昨日の会議、お疲れさん。で、どうだった
男2:はい、昼に出た仕出し弁当が美味かったです
男1:いや、俺は内容を聞いてるんだ
男2:内容も申し分ありません
   色とりどりの旬野菜がうれしい、心のこもった手作り弁当でした!
男1:いや、だから・・・
NA:また食べたくなる仕出し料理、お弁当なら、美咲食堂




【今年の総評】
ご応募頂きました方々、誠にありがとうございます。各賞に選ばれた方、おめでとうございます。
いいものは、いいですね。 その中でもいいものは、圧倒的にいいです。 来年も楽しみにしております。