RNCラジオ 春の防災キャンペーン2021(キャンペーン実施期間:3月31日(水)まで

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。その後、2011年3月には東日本大震災、そして、2016年4月には熊本大地震が発生しました。南海トラフを震源とする大きな地震が、今後30年以内に発生する確率も70~80%と言われています。過去の災害を振り返り、発生に備えて被害を小さくする減災はできるはず。いざという時、どう行動するか、あらかじめ考え、災害に備えましょう。キャンペーン期間中、ワイド番組の中で様々な企画番組をお送りします。ラジオと一緒に防災について考えましょう。

防災キャンペーン企画放送番組

2月25日(木)「さわやかラジオ おはようハイタッチ」 あさ10:30頃
東日本大震災への想いを書で発信する活動を紹介

2011年3月11日に発生した東日本大震災。地震や津波による災害、福島の原発事故の被害によって地域の人々の生活は一変しました。そして10年が経ち、大きな余震が発生するなど「東日本大震災」の影響はまだ続いています。「東日本大震災」の想いを「書」で発信し続けている、高松市在住の書道家 池田秋涛さんをスタジオにお招きし、活動や震災への想いをお伺いします。

3月1日(月)「さわやかラジオ おはようハイタッチ」 あさ9:15頃
ペットの防災を考える

災害が起こったときには、もちろん自身や家族の安全確保を最初に行う必要がありますが、飼っているペットの安全確保についても、普段から考え備えておく必要があります。ペットと一緒に避難(同行避難)できるのか?お住まいの地域はどうなのか?避難所等でも、自治体の指示に従い、ルールを守り他の避難者に迷惑をかけないようにするにはどうすればいいのか。ペットも飼い主も、ストレスなくすごせるように、ペットの防災を考えてみましょう。 NPO人とペットの防災ラボの方にお電話を繋いで伺います。

3月5日(金)「さわやかラジオ おはようハイタッチ」 あさ8:35頃
被災時に役立つ豆知識

普段の生活の中で一つ。取り入れてほしい大判のハンカチ。ハンカチ一枚でできることは、想像以上に沢山あります。いざという時、頭の片隅にあれば、自分も、大切な人も、知らない誰かも救うことができるかもしれません。災害が起こった時、辛い状況下で少しでも快適に過ごせる、ちょっとした知識をご紹介します。

お知らせ

メッセージ募集中!

番組では、みなさまからのメッセージを募集しています。
これまでの災害から教訓にしている事や、学んだことはどんなことですか?
地域やご家庭ではどんな備えをしていますか?
防災について感じている事など、防災に関するメッセージをお寄せください。

3月2日(火)までにメッセージを頂いた方の中から
抽選で1名に宮城県気仙沼市の株式会社斉吉商店の「金のさんま」と「斉吉の海鮮丼」の詰合せをプレゼントします。

こちらの斉吉商店は、東日本大震災で全ての営業拠点を失ったそうですが、復興への歩みを続けていらっしゃいます。
「金のさんま」は創業(大正10年)から継ぎ足しで使い続けている「返しタレ」を使用、この「返しタレ」は3月11日震災の日に工場から社員さんが持ち出して無事に手元に戻り、変わらない味を届けてくれています。

当選者は、3月3日(水)のCHIT CHAT RADIO で発表します。
商品は株式会社斉吉商店から冷凍便で届きます。

メッセージのあて先は
メッセージ応募フォームはこちら ハガキ: 〒760-8575  RNCラジオ 春の防災キャンペーン2021 係
メール: r1449@rnc.co.jp
FAX: 087-823-1449