瀬戸内市副市長 速度32キロ超過で検挙

この記事をシェア

  • LINE
岡山 2021.10.14 19:00

岡山県瀬戸内市は、田野宏副市長が一昨日スピード違反で検挙されたと発表しました。

瀬戸内市によりますと、田野副市長は一昨日午後10時過ぎ、岡山市北区清輝橋付近の法定速度40キロの国道で自家用車で走行中、制限速度を32キロ超えたとして警察に検挙されたということです。プライベートな用事で訪れた岡山市内から帰宅中だったということです。

副市長の検挙を受けて瀬戸内市の武久顕也市長は「誠に遺憾で、市民の皆様に心からお詫びします。」とコメントしていて、近く臨時議会を開いて副市長の減給処分の条例案を提出するとしています。