「黄色い幸せ フワフワたまご料理」
            2008年3月15日放送


 
赤鬼
高松市鶴市町(香東川の東土手を南にいったところ)  TEL 無し
営業時間 11:00〜15:00  定休日 日曜・祝日・雨の日
 
 

「赤鬼」

黄色い「のぼり」が目印の絶品の「だし巻き玉子」専門店

友達の庭にあるプレハブを利用し和三盆糖を使った「玉子焼き」のお店「赤鬼」を去年の10月から始めました

 


「赤鬼」のご主人、大東さんは元割烹職人。
20年前、高松市古馬場町に「大東(だいとう)」をオープンさせ食通が通うお店として人気を集めました。


 

去年、息子さんの英介さんに、あとを譲りましたが、 お店の人気だった「だし巻き玉子」をより多くの人に味わってもらおうと
引退したあと、その味に手を加え「だし巻き玉子」のテイクアウトの店を始めたんです。

 

元割烹職人の「出し巻き玉子」。 プロの技を見せてもらうことに。

ポイント1
たまごは横に切る

そして、ダシは事前に作っておき、作るときに混ぜるのがコツです。

  ポイント2

玉子焼きが大きくなってきたら さい箸を玉子焼きに突き刺すと、回しやすい。
 

一日10本限定の、まぼろしの絶品「だし巻き玉子」
和三盆の上品な味を生かした本格割烹の味、500円でいただけます。

 

営業時間は11時から午後3時、 雨がたくさん降った日はご主人の気分次第で休みになります。

黄色いのぼりを見つけてくださいね。


 
カフェ・ウィスパー・ハニー・ビー
岡山市錦町8−22 千原ビル1F   TEL086−224−6938
営業時間 12:00〜22:00(金・土は〜23:00)  
定休日 月曜・第3日曜
 
 

「カフェ・ウィスパー・ハニー・ビー」

一昨年の12月にオープンした、カフェ。
アメリカの子供部屋を意識イメージしたという、
ご主人こだわりのインテリア。とってもカラフルでキュートです。

 

テーブルの上には、木製の立体パズルや、黒ひげ危機一発ゲームなども あるので、料理を待つ間も、十分楽しめるんですね。

 

オムハヤシは、ケチャップライスを懐かしのフットボール型の型に入れ、器にドーンと盛り付けます。
そして、卵は箸とフライパンを持つ手を休めることなく、空気を入れるように、ふんわりと焼いていきます。

 

それを、ケチャップライスの上に乗せ、合挽き肉とタマネギが入ったハヤシソースを周りにかければ、大人気のオムハヤシライスの完成です。

フワフワのたまごと、ケチャップライス。
そして、特製のハヤシソースの絶妙のハーモニー

 

もう1つ、卵を使った、とっておきの人気商品。
生クリームとアイスクリームが添えられた、
ハニープリンフレンチトースト(500円)。

 

パンの中までしっかりと、たまごと牛乳が染み込んでいます。 そこに、たっぷりのクリームを付けて、いただきます。

キュートな子供部屋のようなカフェで味わう、たまご料理! 心もたまごも、躍るような美味しさでした。


 
全力拉麺ホープ軒
高松市福岡町 (高松サティー近く) TEL 無し
営業時間 11:00〜23:00  年中無休
 
  たまごラーメンを求めてやって来たのは
高松市福岡町にある
「全力拉麺 ホープ軒」
 

元気いっぱいのご主人に言われるがまま、「たまごラーメン」が食べたいのに「トマトラーメン」の食券を買うことに・・・。

 

登場したのは玉子がドン!っと乗った「たまごラーメン」 トロットロの半熟玉子がおいしそうでしょう。風格すら感じます。

トマトスープの上に乗った半熟玉子の乗った極太麺です。

 

ご主人の土居さんは中華料理の「トマトと玉子の炒め物」が大好物でどうにかラーメンにならないかと思いチーズをトッピングし、自家製チャーシューを入たり試行錯誤の末ふんわり半熟玉子が乗った「トマトラーメン」が誕生したんです。

 

そして、麺にもこだわり、毎日専用の製麺機で「ホープ軒」自慢の極太麺を作っているんです。

今やオープン以来7年!人気のメニューなんです。

 

麺を食べた後のお楽しみ! 白ご飯をトマトスープの中に入れるんです。
これでリゾット風ぞうすいの出来上がりです。
トマトスープがご飯によくしみこんでます。

 

ご主人のアイディアから生まれた玉子たっぷりの「トマトラーメン」
(小・630円)
2度楽しめる絶品らーめんですよ。



 
グリルルーム浜
岡山市表町2−7−65 岡山浜作2F   TEL 086−222−4411
営業時間 11:30〜14:00  定休日 月曜
 
 

明治35年に、魚徳の屋号で創業した岡山浜作。
昭和に入り、かの魯山人が味を認めた、京都の名店、祇園浜作の暖簾分けを受け、以来、多くの食通にも、愛された岡山の名店なんです。

 


そんな、岡山浜作の2Fにあるのが、
「グリルルーム浜」
お客さんのほとんどが、女性というこちらは
品格を感じる、落ち着いた雰囲気のテーブル席で統一されているんです。


  その春の期間限定のオムライスとは、タケノコとアサリのオムライス。
これから、本格的な旬を迎える、筍とあさりを、ご飯と一緒にバターで炒め、塩やしょうゆで味を調えます。そして、見事なまでにキレイに焼いた、薄焼き卵に、ご飯を包みあげます。         
 


鰹と昆布とアサリの出汁。さらに、しょうゆと日本酒で味付けした、具もたっぷりの和風あんかけ。料亭の味が、洋食にドッキング。
美しく彩られた、期間限定、春の和風オムライス。

 

春の期間限定オムライスは、日替わりのスープと一品料理、サラダも付いたセットメニュー。
もちろん、食後には、飲み物と、デザートのセットも付いてます。
コチラで使っている料理のたまごは、全て新鮮で、摘めるほど元気な卵なんです。

 

1年を通して大人気のオムライスのランチセット。

デミグラスソースとケチャップを混ぜた、特製ソースで味付けした、ご飯の上には、卵3個分のプレーンオムレツが乗ってるんです。オムレツを開けば、中からトロ〜ッと流れ出てくる半熟たまご。

 

このオムライスには、プリップリのエビも入っています。
見て幸せ、食べて幸せになれる、2つのオムライス。

グリルルーム浜の営業は、お昼のみです。



とことん!土曜〜び!!RNC西日本放送