RNC
 トップニューステレビラジオパーソナリティーグルメイベント天気サイトマップ会社概要   RNCロゴマーク
バックナンバー

2009年7月バックナンバー



第68回 7月26日放送
大高 義仁さん
(屋島テニスクラブ(大高産業株式会社)取締役)

090726.jpg

今回は屋島テニスクラブを運営する大高産業株式会社 取締役 大高 義仁さんを紹介しました。
5年間のサラリーマン生活を経て、家業であったテニスクラブで働きはじめた大高さん。
テニスコーチの傍らで、いかに売り上げを伸ばしていくかを考え、経営にもまい進した。
売上額が目に見える仕事の成果だったからだ。しかし、その代償として体調を崩してしまうことになった。
高度経済成長期のような空前のテニスブームと異なり、テニスとのかかわりが多様化する
現在において、テニスクラブのあり方も変化しなければならないと大高さんは語る。
テニスを楽しんでもらうことは勿論、どう時間を過ごしてもらうか、いろんな世代がどう共有できるか、
「地域コミュニティの場」としてのテニスクラブが必要であり、存続しつづけなければと意気込む
大高さんの想いにせまりました。

---大高さんの 明日へのコトバ---

大海は一滴から



第67回 7月19日放送
井上 政則さん
(セトウチ技研株式会社 専務取締役)

090719.jpg

今回は飲料水の宅配、浄化槽や給排水管施設の施工などを行うセトウチ技研(株)
専務取締役 井上政則さんを紹介しました。
高松市出身の井上さん、大学を卒業後、旅行代理店に就職。添乗員として世界各地を
訪れた。異文化に触れる喜びを知った。25歳のときにセトウチ技研に入社。
現在は飲料水の宅配事業に力をいれている。健康志向への高まりから「おいしい水」の
需要が増えたと語る井上さんのこだわり、そして夢に迫りました。

---井上さんの 明日へのコトバ---

人はどんな高い所でも登ることが出来る
しかしそれには、決意自信がなければならない。



第66回 7月12日放送
吉原 良一さん
(吉原食糧株式会社 代表取締役社長)

090712.jpg

今回は讃岐うどん用小麦などの製粉を行う吉原食糧株式会社 代表取締役社長 吉原良一さん
を紹介しました。
製粉業という立場から長年、「讃岐うどん」の世界に携わってきた吉原さん。原料、嗜好、環境、
時代の変化などにより、讃岐うどんが「変化し続けている」 と気づいたという。そして、次の時代の
讃岐うどんを作らなければという思いに駆られ、2007年にうどん用オーストラリア産小麦と
香川県産小麦を融合させ た「ハイブリッド小麦」を誕生させた。地元だからこそできる「専門性」が
自社の存在意義だと強調する。「次なる讃岐うどんとは何か?」を模索し続ける吉原さんの
想い・夢に迫りました。

---吉原さんの 明日へのコトバ---

     終 始 一 誠 意



第65回 7月5日放送
柳沢 高文さん
(ドリームネットワークアクティビティ アートディレクター)

090705.jpg

今回は高松市北浜町にあるカフェ「umie」などを手がけたドリームネットワークアクティビティの
アートディレクター柳沢高文さんを紹介しました。
長野県に生まれ、小学校6年の時に高松へやってきたという柳沢さん。自身の転機は
「umie」を手がけた時と振り返る。自分自身の想い、考え、経験など 100%表現できた
場所だからだ。形態は「カフェ」であるけれども、柳沢さんのデザイン感性が注ぎ込まれた
空間なのである。 一貫して現場にこだわり、「生涯現役」を目標とする柳沢さんのこだわり、
想いに迫りました。


---柳沢さんの 明日へのコトバ---

好きなことを続けていくこと諦めないこと

Copyright(c)2008-2009 Nishinippon Broadcasting co.,Ltd. All Rights Reserved.