いままでのコラム

タンゴの話 91 <2015年1月から高松ポ音研例会場が変わります>

 昭和30年(1955)に始まった高松ポルテニア音楽研究会(略称・高松ポ音研)の例会は、要するにアルゼンチンタンゴのレコードコンサート。最初から関わり続けているのは会長のボクだけ。去年(2014年)まで高松市内の別の場所で開いていたが今年1月から喫茶「花ぞの」に変わる。
むろん開催要項は同じで毎月第4土曜の午後6時から7時半まで(時間厳守)。ボクの選曲と解説で生粋のアルゼンチンタンゴを始めワルツやミロンガ、更に希望があれば様々なヨーロッパタンゴなどを幅広く紹介している。参加は全く自由。当日の会費1,000円(1ドリンク付き)が必要なだけ。
大体毎月20人前後が集まる楽しいひと時だ。「花ぞの」は長尾街道とレインボー通りが交わる角、長尾街道沿いにあり、バス停「松縄道」の前。 
高松市上福岡町974-1 TEL(087)835-4977。

ページの先頭へ戻る