トップページ>チャリティミュージックソンとは
文字サイズ

ラジオ・チャリティ・ミュージックソンとは

ラジオ・チャリティ・ミュージックソンの歴史

 募金箱写真

今から40年前の1974年。戦後30年がたち、70年安保闘争も終焉をみせ、表面上は幸せになっていく日本は、高度成長の中ますます物質的な豊かさを求めて「お金が全て」の時代に突入していきます。

 そんなとき、東京・ニッポン放送のラジオスタッフが「12月24日クリスマスの日にラジオができるクリスマスプレゼントとは一体何だろうか?」という大きなテーマで話し合いをはじめ、「音で聞く、心で見るラジオなのだから、目の不自由な方のためになる放送を!」ということにたどり着きました。

 すぐさまこのコンセプトが全国のラジオ局に発信され、この趣旨に賛同した各局が、クリスマスイブの正午からクリスマスの正午にかけ、24時間生放送の「チャリティミュージックソン」という番組がはじまりました。
「ミュージックソン」とは「ミュージックマラソン」という言葉を略したもので、造語です。「ラジオ局に、あなたの聞きたい曲、誰かに聞かせたい曲をリクエストしてください!私たちはそのリクエストに応えます。ですので、あなたはこの『通りゃんせ基金』への募金を宜しくお願いします。この呼びかけは24時間続けます。」

 『通りゃんせ基金』とは、目の不自由な方が安心して横断歩道を渡るための「音の出る信号機」設置や盲導犬育成のために使われる基金です。

RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン お問合せ先

RNC西日本放送ラジオ:087-826-7100

(平日 月曜日~金曜日 午前9時30分~午後5時30分)


【主催】
西日本放送株式会社、全国ラジオ・チャリティ・ミュージックソン実行委員会
【後援】
内閣府、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、警察庁、全日本交通安全協会、全国社会福祉協議会
香川県、香川県警察本部、香川県観光協会、四国新聞社
【協力】
香川県交通安全協会
【参加放送局】
西日本放送、STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、ニッポン放送、ラジオ大阪
和歌山放送、中国放送、九州朝日放送、ラジオ沖縄


2016年の「RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」についてはコチラから
2015年の「RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」についてはコチラから
2014年の「RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」についてはコチラから
2013年の「RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」についてはコチラから
2012年の「RNCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」についてはコチラから