RNCロゴマーク
 トップニューステレビラジオアナウンサーグルメイベント天気サイトマップ会社概要   RNCロゴマーク

9月3日 

高松市香南町の【老犬ホーム セラピー】さんへ行く途中発見!!このピンクのプードルを左に入って行きます。

ここが、【老犬ホーム セラピー】さん。ピンクの2階建ての施設です。老犬の介護を24時間体制で行ってくれます。

代表者の林田昭さんは、30年前、トリマーとして犬と関わりを持つようになりました。その後、トリマー学校を高松と松山に開校、ご自分も指導者としてご活躍の中、現役のトリマーとしてコンテストにも出場。ドッグショーの審査員として各国を飛び回り、動物管理士でもあるという、何ともタフで犬への情熱の塊のような人です。

そして、老犬ホームとして老犬を受け入れだしたのが、今年の4月から。このワンちゃんは、岡山県からやって来た19歳のプチ君。寝たきりで、人間でいうところの床ずれが痛々しいです。介護なしだとどうなるんでしょうか。。。

鳥取、大阪、東京などからもここにやってきます。飼い主さんの高齢化や犬の認知症などで家で面倒が見れなくなった犬達です。。

一番のおじいちゃんのプチは、流動食しか食べられません。犬たちの様子は、ネットで掲載された写真で確認することが出来る他、電話や毎日の日記で飼い主さんに伝えられます。

林田さんは、2011年から3年連続、アメリカで開催されたトリミングの大会で優勝されています。犬は、人間を癒し続けてくれる存在。そんな、犬たちの最後を1匹からでも環境の良い状態で救ってあげたいと話されていました。

敷地内のドッグランは誰でも利用できるそうです。また、プードルのブリーダーでもありますので、子犬の両親を確認して頂くこともできます。【老犬ホーム セラピー】高松市香南町1383−1、電話087-879-1310。

高松ボランティア協会に行って来ました。今年で3冊目になる詩と絵が出会う詩集絵本「いっしょに」の2014年版が出版準備中です。(写真は、昨年のもの)

詩と絵が出会う詩集絵本制作委員会会長の森沢繁雄さんと事務局長の武田佳子さん。後ろには、スタッフの天野さんもいらっしゃいます。

詩は、障害をお持ちの方が書かれています。今年のテーマは「海」。すでに50篇の詩が集まっています。そして、今、その詩に添えてくれる絵、イラストを募集中です。上手下手は関係ありません。また、年齢も問いません。気持ちを絵やイラストに込めて下さる方、是非、ご連絡お願いいたします。電話、高松ボランティア協会、087−831−1662まで。