RNCロゴマーク
 トップニューステレビラジオアナウンサーグルメイベント天気サイトマップ会社概要   RNCロゴマーク

4月30日 

まんのう町勝浦(旧琴南町)です。この当たりの標高は約440m。新緑が本当に綺麗です。初々しいエネルギーに満ちています。

ここに、3年前に移住してきた草履作家さんを訪ねました。

七島草履の【達痲工房】さんです。

草履作家の寺田真也さんは、屋島生まれ。中学校の時にお父さんの仕事の関係で東京へ。その後、草履づくりに専念するために、まんのう町に移り住んで3年がたちました。奥様の麻衣子さんとの間に、長男・真麻君も誕生しました^^

こちらが、七島草履。福岡に住む師匠の草履にほれ込んだのが始まりです。

材料の七島イ。大分でのみ生産されていて、国内産は絶滅寸前だそうで、それを防ぐために、七島イの栽培を町内の休耕田を借りて始めました。

琉球畳にも使われる七島イは、つるつるとした手触りです。油分が豊富で足の肌との相性もバッチリ。室外履きには、ゴム底が付いています。寺田さんご愛用のものは、3年越しで使用中。とても耐久性にも優れています。

寺田ファミリーは、ガスと水道は使わず、あえて、薪と山の水での生活をされているそうです。草履もそうですが、毎日の生活から大切なものを受け取っているんでしょうね。

七島草履は、足のサイズを計ってのオーダーメイドです。まずは、お電話を…рO877・84・2633)

財田町公民館で開催中の【古今東西有名絵画水彩模写展】に行って来ました。

財田町在住の大前雅昭さん。退職後、水彩画を始めたそうですが、思うように描けず「模写」から始めたのがキッカケで、すっかりハマってしまったそう^^

モナ・リザなどの人物は、顔の表情、特に目が難しいそうです。その他、現在100点の模写が完成。今回は、その内40点が展示されています。

売って欲しいという方もいらっしゃるほど好評な模写展。財田町公民館で5月11日(日)まで開催しておりますので、ぜひ、お立ち寄り下さい。開館時間は、午前9時30分〜午後5時までです。

山本町の民家のお庭で、おばあちゃんが何やら作業をされていました。タケノコのお漬物を作っているそうです。この状態で漬け込んでいれば2、3年は保存が効くそう。いただく時には、塩をよく洗って炊いていただきます。こうすれば、一年中、タケノコが食べられますね。

茹でた後、水けを切って、塩漬けされるのを待っているタケノコたち。美味しいまま、保存されてね。