丸亀平井美術館

カサ・デル・ハポン

丸亀平井美術館企画展
奥田瑛二[瑛画展]





    
ようこそ、丸亀平井美術館へ。
当美術館は、1993年に香川県丸亀市にオープンした、スペイン現代美術の常設館である。ベラスケス、ゴヤをはじめ、ピカソ、ミロ、ダリと天才・異才芸術家を生み続けてきた国、スペイン。
当館は、その国で今まさに活躍する若手スペイン人アーティストの作品のみを厳選収集、展示する世界でも希有な美術館であり、独創的なコンセプトとコレクションの質の高さに、多くの賞賛を集めている。

このほど当館では、インターネット上での企画展として、奥田瑛二個展「瑛画展」を開催するに至った。
俳優・奥田瑛二氏は、画才においても出色の人である。去る95年2月、氏は、当館の提案を受けてスペインに渡り、数週間の滞在の後、幾つかの作品をものにした。この企画展は、画家・奥田瑛二が、初めて訪れたスペインの風土を感じつつ筆をとり、その感性の発露を版画に映し出した貴重なコレクションを展示公開するものである。

どうか、ごゆっくりご堪能いただきたい。

丸亀平井美術館
館長 平井卓也