チョミン・バディオラ
4人のロシア人,1991
1.83×1.30×1.17m





このフロアの他の際立った作品としては、チョミン・バディオラ(ビルバオ、1957年)の壁掛けの彫刻、《4人のロシア人》があります。木でできたこの作品は、1920年代から30年代にかけての、ロシア構成主義者たちの彫刻制作の手法を、皮肉混じりに引き合いに出しています。基本的な幾何学的形態を操り、バディオラは、各構成要素の計算されたデリケートな均衡とは裏腹の、非常に複雑で不安定な印象を、全体として作り出しています。





前ページへ 二階案内へ 次ページへ
ロゴ





4人のロシア人