ソレダー・セビーリャ
だれも時の中心の種を
ひらくことはできない,
1988
1.76×2.86m
カンヴァス:アクリル絵具





ソレダー・セビーリャの画才を示すものとしては、《だれも時の中心の種をひらくことはできない》があります。赤とエンジ、黄色の網目の、この見事な絵は、イメージ解釈の多くの可能性のひとつに過ぎませんが、待避柵に隠れた闘牛士ののぞかせるカポーテをあらわしているようにみえます。「待避柵」というのは、闘牛場の中の踏み出していく際に、牛の予期せぬ攻撃から闘牛士やその助手たちを守る木の柵です。





前ページへ 二階案内へ 次ページへ
ロゴ





だれも時の中心の種をひらくことはできない